忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/19 (Sat) 06:59:37

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.498
2011/11/10 (Thu) 14:31:28

 警察署4階の、倉庫のドアの前のスペースをパーテーションで仕切った空間に、オフィスで使うような簡素なスチール事務机に、向かい合って椅子が二つ。
 事務机の上に電気スタンドこそ無いものの、刑事ドラマでよく見るシーンのごとく、20代私服警官からの事情聴取が始まりました。
 パーテーションの外側では、中年の人がパソコンを叩いてます。
 どうやら、おそらくですが、自転車の車台番号データなどを取りまとめている様子。

 事情聴取ではまず、名前、住所、生年月日、自宅&携帯番号、職業、会社名、会社連絡先、を聞かれます。
 身分証明書の提示を求められ、持っていた保険証を見せました。
 そして、この自転車を一体いつ拾ったのか、どこで拾ったのか、カレンダーや住宅地図を見せられ、指し示して、との事。
 しかし、もう何年も前の事なので、さすがに100%正確には思い出せないのが正直な所…。
 記憶を振り絞った範囲での特定となりました。

 次に「始末書」をボールペン直筆で書くことに。
 札幌方面北警察署長殿に宛てて、この度の不祥事の一切とお詫びを書きました。
 印鑑を所持していなかったので、拇印を押します。

 その次は、書類の名称は覚えていないのですが、この自転車は警察側で引き取り、持ち主に返還する、そのための警察側への委任状のような書類に、自転車の色、形式、車台番号等を記入。

 そして・・・。
 身柄を拘束された僕は、身柄引受人がいないと返す事が出来ないとのこと…。
 身内の者に来ていただかないと、帰宅させられませんとの事で、電話で自宅に居る祖母を呼びました。

 さらに、自転車の写真を撮りますから、と、取調べ机を離れ、屋外の車庫に行き、自転車とご対面。
 「この写真は警察内部のみで流通するだけで、公の場に出回るというような事は一切ありませんので。」と、自転車の車台番号部分に僕は指を指し、自転車と共に写真に撮られました。

 取調べ机に戻ると、僕を捕まえた警官2名や、パソコンを叩いていた中年の人が、何やらざわざわ話しています。


(続く)



 ☆ 索引 〜 ドキュメンタリー・多事争論  へ戻る
PR
[503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [495]  [494]  [493]  [491
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]