忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/09/20 (Wed) 14:32:36

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.657
2013/08/16 (Fri) 04:56:48

このあいだ「開運なんでも鑑定団」を見ていたら、出張鑑定の会場が大阪の高石市だった。高石市のさるホールに観客が集まり、舞台で地元民が持ってきた骨董品に鑑定士が値段をつけるのだが、その前にVTRで高石市の紹介が簡単になされた。平安時代に祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)という女性が

 音に聞くたかしの浜のあだ波はかけじや袖の濡れもこそすれ

と歌に詠んだ「高師浜」がこの高石市の海岸である、と紹介されたが、歌の内容については触れられなかった。それもそのはずで、これは作者が男性の求愛に対して返した「あなたのような浮気性で有名な人と付き合ってあとで袖を涙でぬらすのはまっぴらご免です」という内容の歌で、「悪名高い」という意味で「たかし」という地名が使われているのである。高石市の人はその地の紹介のときにこの歌を引き合いに出されるのを不愉快には思っていないのだろうか。

 阪急電車に乗っていると、扉に林真理子の新刊本の宣伝がシールで貼られていた。『野心のすすめ』という本らしい。「やってしまったことへの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる」という本の中の言葉が紹介されていた。なるほどと思った。そうだ。好きな女性に告白する、ペーパードライバーを卒業して車の運転をする、近所で意味もなく大量の水を撒いて至る所に水たまりを作る迷惑なおっさんに注意するなど、これまで躊躇してできなかったことをこれからやってみようじゃないか。それだけではない、今まで妄想だけにとどめていた銀行強盗、大麻草の栽培、振り込め詐欺、みんな明日から実行に移そう。読者諸君、悔いのない人生を送ろうじゃないか。

「半沢直樹」というドラマ、まだ見ていないのだけれど評判らしい。なんでもこの半沢という人をひどい目に合わせると「倍返し」されるそうだ。では半沢さんにお金を貸したら倍にして返してくれるのだろうか。
 そういえば画家のサルバドール・ダリは学校時代、友達から一枚の硬貨を同じ硬貨二枚で買い、硬貨三枚を十枚で買ったりして、自分の持ち金がなくなるまでそれを続ける「破産ゲーム」というのをやって愉悦を感じていたそうだ。シュールレアリストの考えることは常人には理解しがたい。

 思ふことみな尽きねとて麻の葉を切りに切りても祓(はら)へつるかな  和泉式部

 麻の葉を切るというのは夏の終わり、今でいうと六月の末日に行うみそぎの儀式で行われたことらしい。自らの邪念、そこには不運な恋もかかわっていようか、それをすべて尽きよと祈りかつ呪いながら麻の葉を切り払っていく。とくに「切りに切りても」という言葉には鬼気迫る執念がこもっており、手に持っている刃物の光は彼女の思いの恐ろしさを伝える。
 自分に思いを寄せる女性にすげなくした経験を持つ男性は、この歌を読んで慄然とするのではなかろうか。とくにこの作者和泉式部のような女性を、肉体関係を結んだうえで捨てるなどということをしたら、麻の葉といっしょにチンポを切られる可能性だってある。ひと夏のアバンチュールなどということは、よくよく相手を見定めてから行う必要があるということだ。

 大海の磯もとどろに寄する波割れて砕けてさけて散るかも  源実朝

 大海の磯もとどろき響けとばかり激しく打ち寄せる波は、割れて、砕けて、裂けて、しぶきをあげて飛び散っているよ、という明快で迫力のある歌である。
 この歌が詠まれた当時、鎌倉幕府の将軍であった実朝の周囲では公武間の政治的緊張が高まっていて、天変地異が続き、和田義盛の反乱などという事件も起こり、実朝は重苦しい日常から解放されたいという思いから、こうした大自然に目を向けた歌を作ったとも言われている。しかしここにそんな分析は不要にも思える。それぐらい分かりやすい歌だ。
 この歌を読んで僕が思い出すのは東映映画のオープニングである。三つの岩に荒波が打ち付け、三角形のロゴマークが飛び出してくるあのシーンだ。最近映画を観ておらず、この歌を読むと映画、とくに日本映画を観たいという思いに駆られる。ただツタヤで使えるTポイントがひところ千五百ほどまで溜まっていたのが、昼の暑さで昼夜逆転した生活になった僕の夜食代としてファミリーマートでほとんど消費されたのが悔やまれる。
 市川雷蔵の眠狂四郎は大映だが、このシリーズはほとんど観たものの一作だけ観ていないからまずそれを観て、そのあとは陸軍中野学校シリーズを観なければならない。このシリーズを観てさきの戦争の意味について深く思いをはせるつもりだ。え、ひょっとしてそんな深刻な映画じゃないの?

(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
PR
No.656
2013/08/16 (Fri) 04:53:59

久しぶりに漢詩を作った。七言絶句。

夏日湖畔

清漣蛙子緑陰眠
湖鏡細鱗山更鮮
葉際蝸牛吹午夢
輕雷雲起遠連天

すんださざ波の打ち寄せる水際の葉陰で 蛙が気持ちよく眠っている
湖面で魚が身を躍らせる しかし何事もなかったかのように湖は 鏡のようなその水面にさらに鮮やかに夏の山を映し出す
大きな葉の上にいたかたつむりが ふうと一息 みんなの午後の夢を吹き消してしまった
雷が軽くごろごろと鳴り 雲がどこからともなく湧き起って それは天のかなたまで続いているようだった

(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
No.655
2013/08/02 (Fri) 13:26:05

死んだ磯田進吉のアパートの大家であった小林氏は、今度は葬儀場のロビーの長椅子に腰かけている長身の紳士のところに近づいて行った。例によってその人物が磯田氏とどういう関係にあったのか聞いてみると、その紳士は

「私は雪竹広春というものです。磯田さんとは二十五年前に初めて出会いました。あなたも新聞などでご存知かも知れませんが、当時富士山麓の地下で『タイムトンネル』の研究開発が行われていたんです。磯田さんと私とはその研究に携わっていたのです。地下の広大な研究施設で日夜研究に励み、五年ほどたったころ、現在と過去をトンネルによってつなぐかすかな糸口が見え始めたのです。まあ、トンネルの中にボルトを投げ込むとときおりそれが過去の世界に到達する、というぐらいですが、我々研究者にとっては非常に大きな進歩だったわけです。

 そんなある日、政府の役人が研究施設にやってきました。
『君たちは五年もここで実験と研究をしているのにさしたる成果もあげていない。わが国には他にも進歩させなければならない科学技術がごまんとある。このタイムトンネルが成果を上げていない以上、ここへの研究費用を捻出しつづけるわけにはいかない。そういうわけでわが国のタイムトンネル研究は今年いっぱいで打ち切りにする』
 これは大変なことになりました。いちおう理論的には、人間を現在から過去へ、過去から未来へ送り込むことは可能であるという結論を得ていましたが、我々の目算では多くの実験動物でタイムトンネルを試した後、人間での実験を行うことになっていたんです。しかし年も押し迫り、この政府の役人にめざましい研究成果を見せる必要が生じました。
 そこで磯田さんは、まだ不完全な点の多いタイムトンネルに飛び込んでいったんです。あちこちの計器が火花を吹き出し、磯田さんの行動の無謀ぶりを示していました。しかし研究所のみんなの気持ちは同じです。私も磯田さんに続いてタイムトンネルに飛び込みました。
 
 私は、自分がどこかの海辺に放り出されたことに気づきました。少し離れた砂浜には磯田さんが座り、ショックを受けたのか頭をぶるぶるっと震わせていました。
 ふと振り向くと、そこに麻布を継ぎ合せただけの粗末な格好の少年が立っていました。少年は、私の精巧な腕時計にありありと興味を示していました。その腕時計には、人間をタイムトンネルに送り込んだ場合に、送り込まれた場所から目には見えないトンネルの入り口の位置を示す計器が付いていました。
 少年は、石斧で私に殴り掛かってきました。そして私が石に打たれて苦しんでいる間に、その特殊な腕時計を奪い去ってしまったのです。少年は、腕時計の機構に興味を持ったというよりも、そこに使われている金やルビーや水晶が気に入ったようで、たちまち石のかけらで腕時計を壊してしまいました。

 磯田さんはというと、いつのまにか煙を挙げているいくつかの人家のほうへ赴いていました。腕時計については磯田さんも同じものを持っているのだし、まあ安心していました。
 磯田さんは集落をうろついて、いろんな人に話しかけているようでした。
『言葉がわかるんですか?』と私が聞くと
『いや。ただ“何”に当たる言葉を探り当てたから、その“何”でいろんな現地人に問いかけてみているところだ。タイムトンネルが我々をどこに連れてきたのか正確なところは分からないが、ここは何百年も昔の北欧の寒村という印象を受ける。ま、しばらく調査を続けてみるさ』
 磯田さんの語学習得力というのは大したもので、数時間後には彼らの言語をかたことながら話せるようになっていました。彼の話によると、この集落の酋長にひきあわせられることになったようです。そして酋長の風貌を見ると、彼らが一体何者であるかがはっきり分かった気がしました。酋長は二本の角の生えた兜をかぶり、片目を黒い眼帯でおおい、ひげも頭髪もボサボサでした。これは我々が歴史の本で見るバイキングそのままの姿でした。

 バイキングの酋長も磯田さんの腕時計に興味をひかれたようで、『そいつを俺によこせ。痛い目にあいたくなかったらな』そう酋長は言ったようです。しかし磯田さんはそんなことにおいそれと従う人ではありません。彼はいつのまにか手に入れたバイキングの長剣を構え『これがほしくば尋常に勝負におよべ』とでも言ったのでしょう、そういわれれば酋長にも面子がありますから、同じく長剣で勝負に及びました。ところが磯田さんははじめてそんな剣を持ったでしょうに、酋長と互角に戦います。やがて疲れ果てた両者は、ぐったりと地べたに座り込みました。酋長の部下が、ごにょごにょと耳打ちします。するとバイキングの酋長は『石球投げで勝負だ』と言ったようです。大きな丸い石の球をどこまで遠くに投げられるかで勝負を決めようというわけです。今度は酋長は金貨の詰まった小さな袋を持ってきて、自分が負ければこの金貨を磯田氏に進呈する、ということのようでした。

 まず酋長が、重い石球を何度か反動をつけて思いきり放り投げました。二十メートル近く飛んだでしょうか。次は磯田さんの番です。しかし酋長と同じ投げ方をしたのではとても叶わないと思ったのか、ハンマー投げのように石球を両手に持ってぐるぐる体を回転させ始めました。そして石球を投げた……はずなのですが、砂浜にはそれがどこにも見当たりません。それもそのはず、磯田さんの投げた石球は真横に飛んで、バイキングの酋長の頭を直撃していたのです。『あー、こりゃ駄目だ』磯田さんは酋長を一目見ていいました。その頭は完全に砕け、大きなナマコのような灰色の脳髄のかけらが辺りに飛び散っていたのです。
 この事態を見て、バイキング村の長老たちと思しき老人たちが話し合いを始めました。
 やがて長老の一人が磯田さんのところに歩み寄り『競技の上の事故とはいえ、あなたと酋長ウッタルはその前に命がけの勝負を始めていた。磯田さんとやら、あなたはウッタルとの尋常な勝負に勝ったのだ。だからウッタルの財産はすべてあなたのものだ』
 ウッタルの住居の戸口から、若い女がそっと酋長の亡骸を、そして磯田氏を見つめた。
『あれはウッタルの妻です。妻も当然あなたのものとなります』
 磯田氏はしばし立ち尽くして何か考え込んでいました。そしてやおら腕時計を見ると
『タイムトンネルの入り口がここに近づいている。せっかく私は勝負に勝ち、酋長ウッタルの財産を受け継いだわけだが、それはここにいる仲間の雪竹君に譲渡したい。ではさようなら』

 そういうと磯田さんは波打ち際の空間に向かって身を躍らせ、ふっと消えてしまいました。私も慌てて磯田さんの後を追いかけましたが、ときすでに遅しです。タイムトンネルの入り口は間一髪のところで閉じてしまったのです。
 私は磯田さんを恨みました! 何故わたし一人が大昔のバイキングの世界で暮らさなければならないのか! タイムトンネルの精度についてはよく知っていました。あの富士山麓の地下研究施設からこの何百年も昔のバイキングの寒村に再びタイムトンネルの照準を合わせ、救助隊を派遣することなどまず不可能でした。
 わたしは筆舌に尽くしがたいほど嘆き苦しみましたが、時間がたつにつれ結局このバイキングの村でうまくやっていくしかないと思うようになりました。私はタイムトンネルの研究に従事する前は、いろんな分野の学問を収めました。だからここの連中が繰り返し他の地域に船で出かけ略奪をすることで生計を立てていることに、どうもなじめないものがありました。私は藻類や地衣類で食用になるものを効果的に育て、このやせた土地でも育つ作物の研究をはじめました。私が磯田氏に代わって貰い受けた酋長の妻のヨアラも、私のしていることを理解しようと努め、やがて良い助手になってくれました。
 こういう努力が報われて、村の経済における略奪の割合も着実に減ってきました。
 
 しかし、そこは野蛮な世界です。こちらが略奪に出かけなくとも、他の地域のバイキングが攻めてくるということが起こりました。そういう可能性についてはヨアラや村人からあらかじめ聞かされていましたから、私は自衛のための武器を村人と協力して作りました。投石器や、特殊な油を使った火器です。この火器から出る炎は水にぬれても消えず、敵船への絶好の武器になります。
 敵は劣勢になりましたが、船を下りてしゃにむに押し寄せてくる命知らずの海賊たちもやってきます。そいつらは投石器や弓矢でなんとか倒すことが出来ましたし、陸戦で死んだ敵の首を切り取ってそれを投石器で敵方の舟に投げ込んでやったりしました。やつらの狼狽ぶりが目に見えるようでしたよ。やがて敵は降参して逃げていきました。
 その後もいくどか他の地域から海賊たちが攻めてきましたが、その都度私が工夫した武器で退治することに成功しました。
 そうこうするうちに、私とヨアラの間に子供が生まれました。男の子、ついで女の子が生まれました。

 私がこの地に来てから五年ほどたったある日、タイムトンネルが突如通じて、救助隊がやってきました。そりゃ驚きましたよ。現代に戻ることなんてとっくに諦めていましたからね。この北欧の寒村も住めば都で、離れがたいものがありましたが、結局ヨアラと二人の子供を連れて現代に帰ってくることにしました。
 しかしすこし気になったのは、いざ現代に戻ったとして、磯田さんに会ったとしたら、僕はどんな気持ちになるのだろう、ということでした。磯田さんは私一人を見捨ててタイムトンネルで現代に帰って行ってしまった。そのときの悔しさはいつまでも忘れません。しかし、私のバイキングの村での生活は、不便ではあっても充実したものでした。愛する妻とかわいい子供にも恵まれました。
 しかし、タイムトンネルをくぐって広大な地下研究室に戻ったとき、そこには磯田さんの姿はありませんでした。かわりに私あての置手紙を、彼はこの研究所に託していました。

『雪竹君、その節は私だけが現代に帰る形になって本当にすまなかった。あのとき海岸に生じたタイムトンネルは本当に小さく、かつ寿命の短いもので、君を引っ張ってきて押し込むわけにはいかなかったのだ。しかしあの瞬間、私は君のためを思っていたのも事実なのだ。君は実にたくさんの学問をおさめ、むろんタイムトンネルの基幹技術たる次元移行導来器についても世界で一、二を争う権威と言える。しかし、君は専門の細分化された現代において、本当に自分らしく生き、仕事してきたろうか? これはむろん大きなお世話なのかも知れない。しかしタイムトンネルの技術も日進月歩で、数年のうちには例の北欧の寒村に照準を合わせて君を現代に連れ戻せる目算は十二分にあった。そして君の取り残されたバイキングの村は、君のありとあらゆる知識、能力を生かす絶好の場所ではなかったろうか。そして本当の科学者とは、しばしばそうした全人的な活動の中から偉大なアイディアを得るものなのだ。しかしもし雪竹君が北欧での日々はまったくの無駄だったというなら、私は幾重にも謝る。科学の粋を凝らして、その失われた時間を取り戻すと約束もしよう。
 さて、私はいま君とは会えない場所にいる。2××4年の初めには会う機会も持てるだろう。無礼を許してくれたまえ』

 手紙を読み終えた私は、タイムトンネル研究所の所員に磯田がどこにいるのか尋ねました。
 所員の話によると、はじめに私たちが出発した時より進歩したタイムトンネルは、まもなく今どこに照準があっているかが正確にわかるようになったそうです。現代に戻った磯田さんが目にしたタイムトンネルには、1912年4月13日、北大西洋を航行中の豪華客船タイタニック号が映し出されました。周知のようにタイタニック号は翌4月14日に氷山にぶつかって沈没することになっています。それを見ていても立ってもいられなくなった磯田さんは、日本刀やショットガンを背中にしょって、タイムトンネルをくぐって4月13日のタイタニック号に乗り込み、船長を人質にとってブリッジを占領、氷山に接触しないよう進路を変更し、船を救ったとのことでした。
 しかし磯田氏は歴史を大きく変えてしまったということで重い罪を負い、禁固六年の罰を受けました。
 それでも磯田氏は弱気になることなく、今度はこの独房から一歩も出ずに1945年の日本への原爆投下を止めてみせると豪語し、実際そのとおり原爆投下を阻止しました。ただその点については、その後発足した「歴史矯正委員会」によってふたたび歴史が改変され、やはり広島・長崎に原爆は落とされましたがね」

 磯田宅の大家だった小林氏は、この雪竹氏の途方もない話を聞いて眩暈がするようだった。タイムトンネルの噂は聞いたことがあったが、実用化されたような話は聞かないし、この雪竹という男は気違いで、いっぱい食わされているのではないかと疑いさえした。しかし雪竹が「ヨアラ」と言って呼び寄せたその妻はたしかに北欧系の顔をしている。してみると彼の話は本当なのか。
 とにかく今の話は山賊や借金取りを殺すといった話とは次元が違っている。もう磯田という男は訳が分からない。
 小林氏はハンカチを濡らして顔にかけ、ソファに上を向いて腰かけた。
 すると隣から話しかけてくる男がいる。
「あなたも磯田さんとお知り合いですか?」
 見ると恐ろしく太った男がソファの隣に腰かけていた。
 次は磯田についてどんな話を聞かされるのだろう……小林氏は肥満の男をぼんやりと眺めた。 

(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]