忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/19 (Sat) 06:59:17

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.586
2012/08/27 (Mon) 23:21:20

 今日は女子アナをキッカケに思った事を書いていきますよ。

 女子アナって美人さんばっかりですよね?
 テレビに映るわけだからやはり美人を採用しているのでしょうし、知的職業だから学歴も非常に高い。テレビ局も、ギャラが超高い芸能人を使うより、社員の女子アナを使った方が、支払いは給料で済む(笑)。

 そんな才色兼備な女子アナの仕事は、ニュース番組で事件事故を毎日報道する事なのですが、次から次へと強烈な事故や事件を喋り続ける女子アナの姿をテレビで見てて、

 「こんなにこんなに毎日異常な事件を喋り続けて嫌になってこないのかな〜?」

 と僕は思ったのでした。

 要するに、新聞に載るような大きな事件は、女子アナは、仕事上嫌でも報道として自分の口で喋る必要があるので、嫌でもあらゆる事件事故の発生を知り尽くしてしまうわけです。
 事件事故などは異常で嫌なモノばっかりですから、嫌になったりしないのかなぁ、と。滅入ったりしないのかなぁ、と。

 まっ、最初に書いたように女子アナはエリートですからね。
 エリートはタフじゃないとエリートになれないので、そんなに繊細な人だと初めからやっていけないのでしょう。僕の心配など無用かもしれません(笑)。

 これに関連して、最近僕が知った事が、現代ではこのように連日連夜報道されてるニュースが、いかに人間のイメージを操作してしまうか、という事でした。

 キッカケは、とある雑誌で鴻上尚史氏の、

 『古き良き時代とよく言われる映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の昭和30年代は、現在よりも3倍も殺人事件が多かった』
 と書かれたコラムを読んだ事です。

 なんと、「最近の日本は治安が悪くなってしまった」と言われる現在の方が、
殺人事件は1000件ぐらいしかなくて少なくて、昭和30年当時は、それが3倍の3000件もあったんだそうです!
 これは僕も全然知らなくて、衝撃を受けました。

 結局、現代人はどうしてこんな「現代の日本は悪い」と思ってしまっているかというと、数少ない異常事件を掘り下げて延々と連日報道し、そして次の新しい異常事件が起きるまでそれを続け、新しい事件が起こると…、の繰り返しで、365日、毎日それを続けたら、そりゃ「今の日本はひどいね。」となるわけです。

 昭和30年代には、こんな連日連夜マスコミ報道なんて無かったわけですから、
平成20年よりもよっぽど犯罪だらけなのに、「みんな知らない」わけなんですよ。

 我々は、知らず知らずの内に、連日のマスコミ報道によってイメージ操作されてしまっているわけです。

 考えてみれば、戦後の日本なんて混沌としてただろうから、犯罪だってそりゃ今より多くて当然ですよね。
 みんな貧しいんですもん、貧しいとどうしても犯罪が増えますからねえ。

 10代の少年のレイプ犯罪も、現在よりも昭和30年代の方が最大で45倍も多かったみたいですよ…。今は少年のレイプ犯罪は100件ほどしかないけど、昔は4500件もあったようです…。
 理由は、当時の少年達が置かれた環境にあるようです。
 現在は、男の子にも家で個室が与えられ、ネットやケータイで気軽にエッチな動画が見れて、簡単に性欲の処理が出来るけど、昔の少年はそれらが全く無かった。かと言って、10代で結婚する事も、風俗に行く事も出来なかった。
 だから今は、本当に、人間の必要悪な部分が処理出来る時代だって事なんです。

 しかも、昔って今よりも色々な統制がキチンと取れてなかったから、公害がハンパじゃなかったですもんね。

 例えば凄く身近な過去の体験だと、地方都市を訪れた折にはスパイクタイヤのせいで、春先ともなれば粉塵でハンパじゃなかった。
 確かに、昔はいろんな排ガスとかハンパなく、黒煙モクモクな時代ですもんね。今なんて技術が進んでそんなモノ出さなくて済む製品ばかりになってきました。
 タバコ吸う人までもが、ガラス張りのオリみたいな所に入って、よそに煙出さないような時代に突入してますし(笑)。

 医療技術だって昔は全然貧弱だったので、今だったら全然すぐ治療出来るような病気も昔は治せなかったでしょう。本当に医療も技術も文明も無かった大昔は、ほとんどの人間が30歳になるまえに死んでいたようです。

 現代は、我々人類の生命維持装置である技術も文明も進み、規律統制も進み、犯罪も最も少ない凄く良い時代に突入している。
 外国に比べても、日本は今でも超トップクラスの犯罪の少なさのようです。

 それでもこの社会の閉塞感があるのは、モノが豊かになって高度経済成長も一段落して、停滞期に入ったドン詰まり感なんでしょうね。
 そして、先にも書いた、マスコミによるイメージ操作と、あと、人間は過去を美化してしまう、というのが原因…

 「昔は良かった」なんて、ホントのところはそんなものなのですよ。



 (c)2012 ED-209 , all rights reserved.




 ☆ 索引 〜 ドキュメンタリー・多事争論  へ戻る
PR
[610]  [609]  [594]  [593]  [587]  [586]  [578]  [577]  [576]  [575]  [574
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]