忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/18 (Fri) 16:03:54

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.74
2009/10/16 (Fri) 03:58:20

雲中舞
  ラヴェルの「ラ・ヴァルス」を聴いて

翠蛾妍麗舞廻旋
雅韻如霞到暮天
玉笛悠悠雲外響
銀箏整整月中鮮
香魂擾擾遶鳳闕
魚化茫茫没遠烟
畫燭催詩兒女散
醉餘淸嘯十三絃

みどりの眉の美しい女たちが、廻りつつ舞を踊り
雅な響きが、霞のごとく暮れがたの空に満ちわたっている。
笛の音は悠々と雲の彼方に響きわたり
ことの音は整然と、月に映えるかのように鮮やかに鳴っている。
宮女たちの魂がみだれるように宮城をめぐってただよい
龍はその巨大な体を遥かな霞の彼方に没した。
彩り鮮やかな蝋燭のあかりの中、ひとびとは自ずと詩を詠じ、いつしか子どもたちは宴の場からいなくなった。
酒に酔いつつ、十三絃のことを調べながら、声を清らかに長くのばして歌うひともいる。


「ラ・ヴァルス」の楽譜には、この曲の説明として次のようなことが書かれているそうです。

「うずまく雲の切れ目から、ワルツを踊るカップルの姿がときおり垣間見える。雲は少しずつ晴れてくる。スコア番号Aのところで、輪を描きながら踊る人々であふれかえる広間が見える。光景はますます明るくなってくる。シャンデリアの光はスコア番号Bのフォルティッシモのところで燦然と輝く。1855年ごろの皇帝の宮廷」

上のつたない漢詩は、この説明を少しだけ意識して作ってみました。

(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪秋夜  | HOME |  牧笛≫
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]