忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/11/21 (Tue) 22:43:35

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.669
2013/12/12 (Thu) 22:03:46

 酒に酔ってはいるが、どことなく寂しげな表情を浮かべた若い男が、きれいに片付いた部屋でパソコンに向かって座り、おもむろにキーを叩きだした。

「父が死んで一か月が経った。父は鉄鋼をおもに扱う大企業での職務に半生をささげ、そしてその大企業に殺された。俺は誰が悪い奴なのか知っている。しかし今となっては父の死がどうも現実味を失って感じられ、さして腹も立ってこない。そう、父が死の直前に偶然手にした財産をわれわれ家族が受け継いだことで、肉親の死をじゅうぶんに悲しむ時間が失われてしまったのだ。これからも俺は父の死を悲しんだり無念に思ったりしないのかも知れない……」

 と、そこまで文章を書いたところで、誰かが若者の肩に手をかけた。
「いや、悲しまなきゃいけない。無念に思わなくてはならんのだよ」
 振り向くと、スクーターのようなものに乗り銀色の服と金色のヘルメットをかぶった中年男が、宙に浮かんでいた。そのスクーターにはタイヤがなく、不思議なことに床から浮かび上がっていたのだ。
「あんた、誰?」
「とりあえず未来からやってきた、と言っておこう。きみ、武部和夫君だね。お父さんは残念なことだったね。お悔やみを言わせてほしい」
「はあ」
 若者が気の抜けた返事をすると
「だから何故父親の死を悲しまない? お父さんは会社が引き起こしている公害問題を弾劾しようとしていた矢先に不審な死を遂げた。山井鉄鋼が軽金属を製造する際に使っているベリリウムが周辺住民の健康をむしばんでいることは分かっていたが、会社としては、この宇宙時代にますます需要の高まっている軽くて丈夫な鋼材の生産をやめるわけにはいかなかった。この鉄鋼業の街から出る政治家は、当然事実のもみ消しに一役買うことになる。しかしお父さんはこの公害を見過ごすことが出来なかった。最後には会社を辞めて出るところに出て決着をつける気にすらなっていた。ええ和夫君、違うかね」
「はあ、しかしあんた何なんです? 人の家に勝手に上がり込んで、うちの事情にあれこれ口出ししてほしくないですね」
「しかたがない、説明しよう。私は二十三世紀からやってきたタイム・パトロールの一員なのだ」
「タイムパトロール?」
「つまりだ、我々は人類が本来あゆむべき歴史を踏み外さないよう、過去の世界をくまなく見張っているのだ。このタイムマシンに乗って」と彼は自分の乗っているスクーターを指し示した。
「で、そのタイムパトロールが親父と何の関係があるんです?」
「いや、関係があるのはむしろ君なんだ。君はお父さんが会社の幹部やら政治家の利権のために殺されたことに、本来なら無茶苦茶にいきどおって復讐の鬼と化し、悪玉たちをつぎつぎと殺して回らなけりゃならんのだ」
「なぜ僕がそんなことをしなきゃならない? 僕はそこまでいきどおってはいないよ」
「君がその殺人を犯すことはすでに歴史に記録されている。君のひとりよがりで歴史を変えてもらっては困るんだよ。まず山井鉄鋼の山井社長、風間常務、それから衆議院議員の畠山、この三人が今年中に死ぬことが前提でその後の歴史は回っていくんだ。山井鉄鋼の経営刷新、畠山の死による補欠選挙、そのことが蟻の一穴となって日本の政治は大きく変わる。そして世界も変わるんだ。君が彼ら三人を殺さないで他の誰が殺すんだ」
「そんなこと知らないよ。だいたい僕は今の生活に満足している。殺人の罪を犯すなんて到底できない相談だ」
「今の君は大金持ちだもんな」
「え?」
「思えば君の家の庭からあの汚い粘土が頭を出したとき、なんで教育委員会のメンバーが縁側にいたのか。あいつは君のお父さんの旧友だったそうだね。とんでもない友達を持ったものだ。あれは縄文時代晩期の遮光器土偶に間違いない! なんて見抜けるような、よりにもよってそんな奴がその晩ここに来ていたなんて……俺はあのとき油断していた。この年遮光器土偶が見つかったなどという事件は歴史に記録がなく、起こるはずのないことだった。きっと私のタイムマシンが飛び回ったために風圧で庭の土が一部崩れたとか、ささいな影響を及ぼしてしまったんだろう。あれは国の重要文化財の指定を受けた。考古学上の大発見だった。土偶は文科省に買い上げられて、君の家に入ったのは七億か八億だっけ? そりゃ父親の死への悲しみも吹っ飛ぶわな……おかげで君は巨悪たちを倒そうなんて気持ちはすっかりなくしてしまった。そりゃそんだけの金持ちになって今さら前科者になんかなりたくないよな。あーあ、俺はなんて運が悪いんだ」
「なんであんたが運が悪いなんて嘆くんです?」
「いや、きみには関係ないけど私はタイム・パトロールでも非常勤の職員なのだ。一年契約ってわけ。これまでいろんな時代の監視員をやったけど、行くたびにへまをやって、どこへ行っても一年でクビ。もう履歴書にも職歴を全部書ききれないぐらい。今度はうまくやるつもりだったんだけどなあ。このぶんだとこの時代の監視員もクビになって、もうタイムパトロール稼業もおしまいだ。もう首を吊るしかないわ」
「そんなに困った状況なら、あなた自身の手で三人の巨悪を殺しちまえば?」
「なんという恐ろしいことを! 時空管理法第一条、未来の人間が直接に過去の歴史を改変する行動を取ってはならない! いままで第一条を破って畳の上で死んだ者はいない! 食人族の世界に投げ込まれるか、シベリアの雪原に送り込まれて凍え死ぬか、そんなとこだ。だいいち、ベリリウムの公害を弾劾しようとした人物の息子が巨悪を殺したことに意味があるのだ! この衝撃の事件が公害を明るみにし、世論も動いて歴史の分岐点となったのだ。これは君がやらないと意味がないんだ」

 武部和夫はしばらくぽかんとしていたが、なんとなくこのタイムパトロール員には心を動かされるものがあった。そして彼は生来冒険家的な気質を持っており、要人の暗殺という劇的な事件をおこすことに興味を覚え始めていた。
「ひょっとしたら、金の力で上手くやれるかも知れないな」
 和夫はつぶやいて、目をつぶって思案をめぐらせた。

(つづく)


(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
PR
No.668
2013/11/04 (Mon) 03:07:19


 ドンドン、と礼子宅のドアをノックする音がした。「河合です」
 礼子が青柳の顔を見てうなずき、ドアを開けて河合を招じ入れた。
「お迎えに上がりました。しかしここに来る途中、何人もの吸血鬼が邪魔してきましてね。そのつど車ではね飛ばしましたが、本庁まで行くとなるとどんな敵の集団に出会うか分かりません。もっと武器があったほうがいいですね。なにせ今持っている武器は拳銃一丁と、私のポケットの中に催涙弾が一個ですから。途中で岩澤署に寄って、お二人のぶんも武器を調達しましょう」
「ふん。敵方はあんたを警戒しているな。岩澤署に行くのは危険かも知れないぜ」
 青柳のシャツの下の人面疽が言った。
「誰です?」
「僕らの仲間ですよ」青柳はちょっとおどけながらシャツをまくり上げ、蛙の顔をした人面疽を見せた。
「しかし手近なところで武器を調達するとなると、あそこしかない」
「まあ、気を付けて行きましょう」青柳が言った。

 三人が乗った車は、ときどき吸血鬼がしがみついてくるのを振りほどきながら走り、国道に出た。数分で岩澤署に着くと河合が言った。
 しかし、しばらく進むとパトカーが何台も道路に横向きに止められ、バリケードを作っているのが見えた。
「刑事課の河合だ。なぜこんなところで道路を封鎖している?」
 しかし、バリケードの前にいる警官たちは口をきかない。
「これはこれは、河合警部。お初にお目にかかります。緑川です」
 思いがけぬ緑川蘭三の登場に、車内の三人は驚いて口をつぐんだ。
「ここにいる警官たちはわれわれの仲間、つまりみな吸血鬼なんですよ」
 そういわれれば警官たちはみな異様に青白い顔をし、ときどき犬歯をむきだしにして歯ぎしりのような音を立てていた。
「そうそう、河合警部、署長さんがよろしくと仰ってました。もう会えないだろうからってね」
「署長に何の関係があるんだ?」河合が叫ぶと
「あれ、知らなかったんですか? 署長さんはずいぶん前から吸血鬼なんですよ」
「河合さん! ここはいったん撤退しましょう!」青柳が言ったが
「いや、もう遅い。後ろも固められた」
 振り返ると、後方には数台のパトカーと白バイがいつのまにか待機していた。
 河合警部は車の窓から拳銃を緑川に向け、一発二発と撃った。一発は緑川の額に当たり、もう一発は腹に当たった。しかし蘭三はそのたびに頭をのけぞらせたりちょっと後じさりしたりするものの、微笑を浮かべたまま、なんら痛痒を感じていないようだった。
「心臓だ、心臓を狙うんだ!」青柳が叫び、河合の放った三発目は蘭三の胸の真ん中に当たったが、弾丸はキーンと跳ね返された。
「あんたたち、馬鹿かね。弱点ぐらい防備してくるさ」緑川のシャツの胸の破れ目からは、鉄片らしきものが見えていた。
「さ、河合さんとはもうお別れだ」緑川は近くの警官から拳銃を受け取ると、ニヤリと笑って河合に向けて撃った。河合警部は脳天を撃ち抜かれて運転席でぐったりとなった。
「青柳先生、溝口先生、なんだか久しぶりにお会いしたようですね」緑川は死んだ河合の後ろの席にいる二人に話しかけた。
「あなたがたはいち早く僕の正体を見抜いたんでしたね。僕もあのころは、大人しく勉強を続けて東大に入り、ゆくゆくは官僚になるつもりでした。日本の中枢から吸血鬼のための国を作ろうなんて考えてたんですね。しかし、僕の体はだんだん理性で押さえつけられなくなった。優等生を演じ続けるのは難しくなりましてね。それからは成り行きまかせですよ。手あたりしだい吸血鬼の仲間を増やすだけです……さて、溝口先生は思い切って我々の仲間になりませんか? そのほうが楽ですよ……しかし青柳先生はいけない。知ってますよ。あなたのお腹にくっついている蛙の化け物。そいつが危険だ。あなたには死んでもらいましょう」
 青柳はドアを開け、車を降りた。
「なあ、もういちど話し合いをしようじゃないか」
「話し合いって何をいまさら」緑川は嘲笑いながら、しかし拳銃を構えながら言った。
「俺と溝口先生は結婚するつもりなんだよ。二人ぐらいここで見逃したって害はないだろう?」青柳はすたすたと緑川に歩み寄りながら言った。
「それ以上近づくな!」と緑川。
 そのとき、青柳は催涙弾を緑川の足元に投げつけた! 車から降りる前に河合刑事のポケットから拝借したものだった。もうもうと煙が立ち込める。
 青柳はハンカチで顔を覆いながら「人面疽、頼む!」
 すると青柳の腹の人面祖は、緑川はじめ周囲の警官の顔に次々と毒液を吐きかけた!
「ぎゃーっ」
 緑川と警官どもは毒液で目を焼かれ、みなうずくまった。とくに緑川は顔面全体が溶けかかっており、まず命は無かった。
 青柳は河合警部の死体を車から降ろし、急いで車を発進させた。後ろにいた白バイたちが追いかけてきたが、しばらくすると引き返して行った。ボスの緑川が死んで、混乱が生じたのだろう。
「警察の本庁に行くの?」溝口礼子が言った。
「とりあえずは」
「そこも吸血鬼だらけだったら?」
「吸血鬼のいないところまで走り続けるさ」青柳はそう言うとアクセルをいっぱいに踏みしめた。

(完)

(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
No.667
2013/11/04 (Mon) 03:06:08

その夜は凶漢の叫び声、野犬の吼え声がそこここから聞こえ続け、街は不穏な空気に包まれていた。
「ふ。今夜は街中の吸血鬼が暴れているぜ」
 青柳の腹にできた蛙のような人面疽が口を開いた。
「街中? 吸血鬼はそんなにいるのか?」と青柳。
「そうだよ。吸血鬼は緑川を中心にどんどん広がっている」
「警察は何をやってるんだろう」
「警察? もうそんなもの、頼りにならないかも知れないぜ」
「そんなに事態は深刻なのか?」
「そう……もう誰も信用できねえかもな」

 翌朝、青柳はいつものように車で出勤したが、途中ほかの車にはあまり出会わず、街には人通りがほとんどなかった。
 学校近くまで来て、警官が青柳の車を止めた。警官は車の窓を開けさせ青柳の顔をじっと見つめた。無表情で何も言わない。
「通行止めですか?」
 すると警官はとたんに大きく口を開けた。鋭い牙を生やし、人間の頭を丸呑みできそうなほどの巨大な口で、青柳の頭に噛み付こうとしてきたのだ。そのとき青柳のシャツの隙間から、人面疽が毒液を噴き出した! 
「ギャーッ」
 警官は目をつぶされ、道路にうつぶせになって伸びてしまった。
 青柳は呆然とその様子を見ていたが、やがて
「学校は無事だろうか」と言って携帯電話を開いた。
「そんなことより、その警官から拳銃を奪え」と人面疽。
「何だって」
「ぼやぼやするな、自分の身は自分で守るんだよ」
 青柳は顔が真っ赤に焼けただれたその警官の腰から、拳銃を抜き取った。
 そして学校に電話する。
「おかしい、誰も出ないぞ」
 次は同僚の溝口礼子に電話をかけた。しばらくすると彼女が出た。
「青柳先生? いまわたし家にいるんですけど、表に吸血鬼が大勢いて身動きが取れないんです。警察に電話しても出ないし、もうどうしたらいいか分からなくって」
「待っててください、すぐそちらに伺います」
 青柳はハンドルを切り、礼子の自宅に向かった。

「警察まで吸血鬼になってしまっているとしたら、いったいどうすればいいんだ」
 青柳がいうと人面疽は、
「どこか遠く、血の匂いがしないところまで逃げること、かな。逃げるところがあればの話だが」

 礼子のマンションに着くと、青柳は拳銃を点検して車を降りた。辺りに三四人の人間が倒れている。いずれも見るも無残に手足の肉を噛みちぎられ、腹から内臓を露出させていた。
「待て。エレベーターは危険だ。獣の匂いがする……右手に非常用のらせん階段があるだろう。あっちだ」
 人面疽の指示に従って、青柳は非常階段を登っていった。礼子の部屋のある三階に着くと、吸血鬼と思しき若い男たちが四、五名、肉をむさぼり食っているのが見えた。人間の足の肉を奪い合い、吸血鬼同士で争っている。
「どうする?」青柳は自分の腹の人面疽に問いかけた。
「奴らを呼び寄せよう。この細い通路だ、一匹ずつしか襲ってこれないはずだ。だが気をつけろ、吸血鬼は心臓を撃ち抜かなければ完全には死なない。頭を撃つのもいいが、しばらくすると生き返るぞ」
「わかった」

「おーい! 餓鬼どもは学校に行く時間だぞ! それとも寝小便たれて腰を抜かしたか?」
 青柳は大声で問いかけた。吸血鬼どもはじろりと青柳のほうを向き、
「人間だ、生身の人間がうろついてるぞ……かかれ!」
 血みどろの顔をした若い吸血鬼どもは、思惑どおり一匹ずつ青柳のもとへ駆けてきた。手に手に刃物を持っている。青柳は慎重に引き金を引いた。相手は一体ずつ倒れていく。最後のやつは撃ち損じたが、人面疽が毒液を吐きかけて倒した。そして彼らの持っていた刃物を奪い、念のため一体ずつ心臓に突き刺していった。

 ようやく礼子の部屋にたどり着き、ドアをノックする。
「青柳です。溝口先生、ご無事ですか?」
 チェーンをかけた扉がわずかに開き、怯えた礼子が顔を見せた。
「青柳先生……よかった!」
 礼子は急いで青柳を招じ入れた。
「三階には吸血鬼はいなくなったようですが、まだ辺りにどれだけひそんでいるか分かりません」
 青柳はそう言って椅子に腰を下ろした。
「有難うございます。来てくれてほんとに良かった……」
「ただ私も、これからどうすればよいのか……警官も吸血鬼になっていますし、とにかく逃げるしかないようです」
 
 青柳の携帯電話の着信音が鳴った。刑事の河合虎児郎からだった。
「青柳先生の携帯ですか」
「河合さん! いまどちらに?」
「駅前ですよ。パチンコ店が火事になりましてね。消防車が来ないんだが、吸血鬼も火を嫌うのか寄ってこない。一休みしてたところですよ。あなたはいまどちらですか?」
「溝口先生のマンションです。警官も吸血鬼になっていたり、身動きが取れないんですよ」
「ええええ。厄介なことです。じゃあ私、そっちにまわってあなたがたを拾っていきます」
「行くあてはあるんですか?」
「今のところ本庁は機能しているようです。ちょっと遠いですが、皆さんをお送りします」

「とりあえず一安心だ」青柳は電話を切って、状況を礼子に説明した。
「よかった」と礼子。「コーヒーでも飲みます?」
「いや、まだ安心するのは早いぜ」
「誰?」と礼子。
 青柳は人面疽のことを礼子にまだ話していなかった。どうしたものかと思ったが、何とかこのことを礼子に説明した。
「で、まだ安心できないって?」と青柳。
「吸血鬼のリーダーは緑川だ。あいつを何とかしないかぎり、やつらがそう簡単に警察につぶされるとも思えねえ」

 礼子は何とはなしにテレビをつけた。画面は砂嵐。チャンネルを次々変えていくと、ようやくニュースらしき番組が画面に映った。
「さて、いま首都圏で暴れまわっている正体不明の暴徒たちですが……」
 アナウンサーは取り乱した様子でニュース原稿をばさばさと手に取り、切迫した様子で喋っていた。そのとき、横手から血だらけのシャツを着た青白い顔の男が急にあらわれ、アナウンサーをつかまえ大口を開け、首筋に噛み付こうとした。そこで放送は途絶え、「しばらくおまちください」という静止画面になった。
「見ろ。われわれの日常は足元から崩れようとしてるんだよ」人面疽が言った。

(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]