忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/19 (Sat) 06:56:13

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.255
2010/03/16 (Tue) 00:44:20

男からもらった花束は、とてもよい香りがする。
なんて名前だったかしら?とにかくとても綺麗な深紅。

放っておけば枯れてしぼんでしまうでしょう。
さりとて、活けて飾るには多すぎる。

だから、花びらを千切ってバスタブに浮かべた。
湯気で香りがむせ返る。
衣服を脱いで髪をまとめると、足の先をほんの少し、湯の中につけてみた。
適温。
身を清めて今度は肩まで、心地よい暖かさに身体を沈める。

男の顔すら、もう、忘れた。

その程度の出会いだったのだと思い直し、今、この時間のほうがよっぽど重要だわ、とひとりごちる。

そう。多分、私は孤独が好きなのだと思う。


知り合いの映像作家に、ショートムービーの主役を演じて欲しいと頼まれたとき、
感電したような感覚に襲われた。
監督である彼の作品が好きだった。
作品の力強さと繊細さが、彼の腕が本物であるということを物語っていた。
それでも、どこかで必然だと自惚れた。
「孤独な女性を撮りたいんだ」
「ええ、出来ると思うわ」
それなら、得意だわ。


清濁合わせた混沌を醜さとし
その醜い土を糧として
美しさは生まれる
その美しい花を咲かせる

孤独を胸の内に秘め。


牢獄のようなロケーションで、黒い服を身にまとった私は、
この短いセリフをとつとつと呟くだけでよかった。
あまりの簡単さに、拍子抜けした。
充実感はなかったものの、この経験は私に自信をつけた。


「なんか、違うんだよねぇ。。。」
監督の声はいつもどおりだった。ただ、その一言は重かった。
不安にざわめくスタッフの声を無視して、監督は何度も映像を再生紙、画面を凝視し続けた。
そのとき、自分が原因だとは、夢にも思わなかった。
「やっぱり、撮りなおそう」
監督はそう口に出してしまうと、スタッフにきびきびと指示を入れだした。ただ、一向に撮影が始まる気配はなかった。

君ね、と監督は私の方を向いて言った。
「綺麗だと思ったんだけど、ここは孤独がわかっている子じゃないとだめなんだ。だから、今回はもういいよ。別の子を探すことにする」
そう言うと監督は現場へと戻っていった。
否、正しくは、私が現場から隔絶されたのだ。

酷く、腹が立った。
自分が無くなるくらいに怒りで一杯になると、
今までにないくらいの大声で監督を怒鳴りつけていた。
早口でまくし立て、しまいには悔しさのあまり涙が出た。
そんな私を、彼は醒めた目で見ていた。
感情の起伏が収まるのを見計らって、彼は溜息をついた。
「じゃあ三日だけ待とう。その間に、君に僕の撮りたいものが解ったら、君を採用する。三日間じっくり考えてみて」


三日の間、部屋にひとりきりで閉じこもって考えた。
彼の言う孤独とは何だろう。
私の思うところの孤独と言うのは、孤独でなければ何だというのだろう。
彼の思うところの孤独と、私の思う孤独との違いは何なのだろう。
そもそも、孤独って何?

時間はすぐに消費され、精神的に疲弊したまま、また同じカメラの前に立つこととなった。


結果から言うと、彼は上機嫌だった。
映像は採用されたけど、その理由は解らなかった。
そう彼に伝えると、彼は出来上がったショートムービーを見せてくれた。
そこには、私と同じセリフを吐く、私とよく似た女が映っていた。
自分だと解っていても、
映像の中の私は所在無い風で、頼りなく肩を揺らし、不安に負けそうな目でこちらを見つめていたので、戸惑った。
そんな顔をした自分を、見たことも想像したこともなかった。

隣で監督が囁く。
「考えた?」
少しむっとする。
「できるだけのことは」

「おかげさまで、いい映像が出来たよ」
「そう、それはよかったわね」

「悪い部分がいい具合に削げたね」
「・・・わからないわ。私はただ考えただけだもの。答えなんか見つからなかった」
「でも、自分と向き合えたろう?」
「悪い部分しか見えなかったわ。一人で悶々と苦しんで。馬鹿みたい」

彼は子供じみた笑い方をした。
「孤独なんざ、そういうもんだろ」


                                      end.

(c) 2010 chugokusarunashi, all rights reserved.
PR
[261]  [258]  [257]  [256]  [492]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]