忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/21 (Mon) 00:28:30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.364
2010/10/24 (Sun) 09:27:05

このあいだTVの「開運なんでも鑑定団」を見ていたら、鑑定品として土偶を持ってきた人がいた。あの有名な遮光器土偶である。それは最近作られた偽物とのことだったが、もし本物なら国の重要文化財として指定を受け、値を付けるなら十億円以上だという。自分も山にでも行って土偶を探してみようか。宝くじの一等を当てるよりは簡単な気がする。皆さんも土偶を探しに行きませんか。

自分は年齢的に、年下のものに食事をおごるということがしじゅうあってもよいはずだが、おごるということが何か相手を軽んじることのような気がして、ご馳走しますよとはなかなか言えない。タテ社会で先輩からおごられてきた経験があまりないからかも知れない。相手を「ご馳走する」ためのうまい言葉はないだろうか。
「他の事ではあなたにはかなわないから、せめて先輩づらさせてください」
「ゴート札で払うから気にしないで」
「これは丑寅からふんだくった金だから遠慮は無用だ」
うーん、他に良い言い方はないか。

火事場の馬鹿力というが、消防士は年中馬鹿力なのだろうか。消防士は案外洪水のときに馬鹿力を発揮しそうな気もする。

数学では単純な石とりゲームなどを考察することがよくあり、先手必勝、後手必勝などという言葉が出てくる。後手必勝のゲームだと、先に手を打ったほうが必ず負けるのである。そういうゲームだとどちらも先に手を出すことができず、いつまで経っても始まらないかも知れない。その昔、アントニオ猪木とマサ斎藤が巌流島で決戦を行なったが、宮本武蔵の故事では、遅れてきたほうが勝つことになっている。だからどちらも約束の時間を過ぎても巌流島には来ない。けっきょくマサ斎藤のほうが四時間、アントニオ猪木が六時間だったか遅刻し、猪木のほうが勝ったのだった。これをTVで観て、子供ながらに馬鹿な大人たちだと思った。


(c) 2010 ntr ,all rights reserved.
PR
[371]  [370]  [369]  [368]  [365]  [364]  [357]  [354]  [353]  [352]  [350
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]