忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/21 (Mon) 00:17:13

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.369
2010/11/08 (Mon) 21:43:33

バカ・ロッソは赤い飛行艇を駆使し、豪華客船を狙ったマンマ・ユート団の企みを見事に阻止して、今回もたっぷり賞金を稼いだ。自分だけの隠れ家になっている小島に飛行艇を隠し、浜辺でラジオから流れる音楽に耳を傾けながら、ワインを飲む。至高のひと時だ。
音楽がやみ、アナウンサーがニュースを読み始めた。
「次は空賊関連のニュースです。次々と海での劫略行為を繰り返している空賊連合がわれわれの取材を通して声明を発表しました」

『次はお前だ、バカ出て来い!』

という空賊どものがなり声が聞こえてきた。
「繰り返します。バカ、出て来い。空賊連合のこの声明を受けまして……」
そこでバカはラジオを切った。
「ふん、クズども、やるじゃねえか。しかし俺はお前たちの相手をする気はない。地中海でのんびりバカンスだ。美味い料理、真っ白な砂浜、そして美しい女たち」
飛行艇に乗り込み、鮮やかに離水して大空を飛翔するバカ。
「もうすこしの辛抱だ、持ちこたえてくれよ、エンジンちゃん」

美しい声でシャンソンを歌うホテル・アドリアーノのジーナ。
空賊たちもこのホテルのレストランでは大人しくしていた。いい年をした古手の賊も含めて、空賊たちはみなジーナに熱を上げているのだ。
「なあに、怖いお顔を集めてまた悪だくみの相談?」
ジーナに尋ねられると、さしもの空賊連合のお歴々も頬を赤く染めて
「いやあジーナ、このホテルの周囲五十キロ以内では仕事はやらねえよ」
そこへバカが入ってきた。
「またくせえ連中が集まってるな。空賊連中は風呂にも入らねえからたまらねえ」
「なんだと! バカのくせに!」
すわ大喧嘩が始まるかと思われたその時、空賊の一人があることに気づいた。
「おい、バカが女の子を連れてるぜ」
「本当だ、可愛い!」
そう、バカは年のころ十六、七の少女を連れてきていた。
「おい、気安く声をかけるな。ピッコロ社の技術主任だ。若いがいい腕してる」
「バカ、それ本当?」フィオというその少女は目を丸くして言った。今回彼女の設計によって、バカは古くなった飛行艇を全面的にリストアしたのだった。
「俺は飛行機についちゃ嘘は言わねえ……しかしお前はかたぎの女だ。俺のような稼業の男にいつまでもついてくるのはよくねえ」
「それ、どういうこと?」フィオは不安げに言った。
「おい、ジーナ。悪いがフィオを預かって、まっとうな世界に戻してやってくれ」
「バカ……またひとり女の子を泣かせるのね」ジーナはつぶやいた。
「バカのバカ! アホ!」フィオは叫んだ。

飛ばないバカはただのバカだ。
アドリア海いち、いや世界一の飛行艇乗り、バカ。
バカは今日もどこかを飛んでいる。


(c) 2010 ntr ,all rights reserved.
PR
[374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [365]  [364]  [357]  [354
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]