忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/20 (Sun) 16:46:05

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.374
2010/11/28 (Sun) 22:56:59

 わたしはその夜、電気をつけっぱなしで眠っていた。真夜中ごろのことである。寝苦しくなって、目を覚ますと、なにか黒くて大きなものが、宙に浮いているのが見えた。よく見るとそれは人間で、顔面蒼白、額から頬にかけて血が流れ、憎悪でギラギラ光る目をした、武士だった。武士であることは、さかやきの頭、黒い着物、そして右手で振りかざした刀からわかる。その武士は、こちらに躍りかかるような格好で、体を下に向けて、つまり寝ているわたしと向かい合って、空中に静止しているのだった。
 わたしはその武士を認識した瞬間、心臓が止まりそうになった。しかし、すぐに目をつぶり、冷静になろうとして、なんとか深呼吸をした。最近ではよくあることなのだ、それがたまたま、今ここで起こっただけなのだと、わたしは自分を納得させようとした。ところが心臓は早鐘のように打ち続けていて、わたしは、自分が心臓麻痺で死ぬのではないかと、本気で不安になった。
 だいぶ長い間、目を閉じたまま静かに深呼吸を続け、動悸が完全に落ち着くのを待った。そして、なんとか動けるようになると、やはり武士を見ないように目をつぶったまま、体をゆっくりと起こした。わたしは、左胸にまだ鈍い痛みを感じていたので、細心の注意を払って体を動かし、静かにベッドから降りた。そして、寝室の外にある電話のところへ行った。あの宙に浮いた着物の男から常に目をそむけながら。わたしは受話器をとり、タイム・パトロールを呼び出した。
「もしもし……あの、うちに出ました。住所は……」
 
 しばらくして、三、四名のパトロール員がやってきた。
「ああ、これはびっくりなさったでしょう……」青い制服のパトロール員が、目を丸くして言った。職業柄、そういうものに見慣れているはずの彼らも、この武士には驚いた様子だった。「武士そのものは、それほど珍しくはないんですが、この現れ方がね……」
 わたしは、パトロール員のくれた心臓の薬を飲んで、だいぶ落ち着いてきたので――彼らは、今日のわたしのような事態に備えて、常にその薬を携帯していた――この武士をもう一度よく見てみよう、という気になった。
「何者でしょうか」
「さあ。とにかくこの部屋に機械を持ち込んで、こいつを消してしまいますから、別の部屋で休んでいてください」

 その現象は、十年ほど前から、世界のあちこちで起こるようになった。それは、過去の世界の、ある瞬間における空間の一部分が、忽然と現代に姿を現すという現象だった。原因は不明。現れるのは人物の場合もあるし、物体の場合もある。むしろ物体のことのほうが多いが、それは、建物のひさしの一部分のようなものや、塀の一部、木の枝、石ころ、川の水(固体状になって現れる)というようにさまざまで、あらゆるものが出現しうるといってよかった。また、人間の首だけとか足だけ、犬の体の前半分だけが現れる、ということもある。またまれに未来から、わけの分からぬ物体が出現することもあった。要するに、別な時代の、ある瞬間の空間が無差別に切り取られ、現在に出現するのだ。それも、何のまえぶれもなしに。

 この現象が起こり始めたころは、もちろん大変な騒ぎになった。道を歩いていて、目の前に突然女の生首が出現し、ショックで死亡した人がいた。ある人は車を運転していて、突如、前方に戦車――それは後ろのほうが少し欠けた戦車だった――が現れ、それに衝突して大事故を起こした。
 しかし、はじめは謎だらけだったこの奇妙な現象も、各研究機関により、しだいにその発生のメカニズムが解明されていった。同時に、出現した物体のおのおのについて、それがいつの時代のどの時点からやってきたものなのか、正確にわかるようになった。そして、その物体のもと居た場所は、つねに、現在出現しているのと同じ地点である――つまりその物体は、「時間の旅」に際し、地球上の位置を変えないということがわかった。そして今では、この現象を未然に防止することはできないまでも、出現した過去の物体を消去してしまうことはできるようになった。この「消去」を専門に行っているのが、現在活躍しているタイム・パトロール隊である。

 あの不気味な武士を消す作業が終わり、寝室に戻ってきたわたしは、武士がいつの時代からやってきたのかをパトロール員にたずねた。
「一七三九年三月十四日、午後十一時三十二分ですね」と、パトロール員は、機械のメーターの表示を見て、教えてくれた。
「あの……彼がどういう人物なのか、わかりませんか。名前とか」わたしは、ショックがおさまってから、ふと好奇心を起こして尋ねた。
 パトロール員は、笑いながらかぶりを振って、「それはわかりません」と言った。無理な質問だったらしい。

 わたしは、最初にあの武士を目にした時の衝撃からは立ち直りつつあったが、あの顔の不気味な印象を意識からぬぐい去ることができなかった。あの汗ばんだ青白い顔。鮮血が額から流れ出ていて、それは鼻の両側に分かれて頬を濡らしていた。その目はわたしを見ていた。おそらく、ちょうどわたしの居た場所に、彼が斬りかかろうとしていた相手が居たのだろう。彼は、親の仇を討とうとしていたのだろうか。あるいは、友にひどく裏切られたのだろうか。

 わたしは翌日図書館に行って、あの武士について調べてみる気になった。まずわたしの今住んでいる場所は、一七三九年当時、河原だったことがわかった。とすると、彼はその日、夜の十一時半に河原にいたことになる。
 わたしはそのあと、一七三九年三月十四日に、その河原で殺人か、または傷害事件がなかったかどうか調べ始めた。しかし、これについては、何の記録も見出すことはできなかった。あの武士の凄絶な顔を思い出すと、彼はその日とてつもなく陰惨な事件を起こしているに違いない、と思えてくるのだったが。

 わたしは自宅に着いて、玄関のドアを開けた。そして、慄然とした。
 そこに、武士の生首があったのだ。きのう現れたあの武士の首だった。その首は、粗末な木の台の上に置かれ、両脇を小石で支えられていた。この武士は、打ち首獄門の刑にあったのだろうか。その青白い首は、落ち武者のように髪を左右にたらし、無念というよりは憎悪の形相を浮かべていた。
 わたしは、昨夜ほどのショックは受けなかったが、薄暗い玄関に置かれた獄門台は、やはり不気味であった。
 わたしはまたタイムパトロールに電話をかけた。しかしいつまでたっても相手は出なかった。プープーという発信音だけが聞こえ続ける。
 テレビをつけてみたが、どの局も放送していなかった。
 これは異常だ。わたしは外の様子を見ようと、玄関の扉を開けた。
 そこには白いもやが立ち込め、また見慣れた都会の風景は姿を消し、林が広がっていた。下を見ると鎧兜を身につけた武士たちの亡骸が、折り重なるように、無数に、遥かかなたまで横たわっていた。遠くから、ほら貝が吹き鳴らされる音がかすかに聞こえてくる。そしてときおり、うなるような矢の飛び交う音、馬が駆け去っていくひづめの音。
 事態を飲み込むのにそう時間はかからなかった。わたしの家が、戦国時代に移動してしまったのである。
 わたしは扉を閉じ、茫然と椅子に腰を下ろした。
 悪い夢を見ているのかも知れない。きっとそうだ。わたしはそう期待して、ベッドにもぐりこんで眠ることにした。

(終)

(筆者による文芸社刊『無限ホテル』所収の「武士」を改作)

(c) 2010 ntr ,all rights reserved.
PR
[402]  [401]  [400]  [396]  [389]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]