忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 16:35:27

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.285
2010/04/18 (Sun) 20:48:48

エミール・ギレリス晩年のベートーヴェンのアルバム「テンペスト、ワルトシュタイン、告別」また「悲愴、月光、熱情」を最近聴いて、これはとても良かった。遅いところも速いところも、ピアニスト自身の言葉で語りかけてくるようである。ギレリスによる「ハンマークラヴィーア」のアルバムも購入したが、これは音楽自体がよく判らないから何とも言いようがない。

今日は音楽を聴いてぼんやり過ごしていた。ブラームスのピアノ三重奏などもじっくり聴いてみると良い曲だな。ブラームスにはピアノ四重奏曲、ピアノ五重奏曲、弦楽五重奏曲など室内楽の名曲が多いが、どれぐらい聴かれているのだろう。

モーツァルトのディヴェルティメント17番ニ長調K.334をウィーン八重奏団員の演奏で聴く。この曲は何度聴いても飽きない。レナー四重奏団らによる古風な演奏も好きだ。これを弦楽合奏でやるのは邪道だ、と誰かが書いていたが、そんなこともないと思う。カラヤンによる弦楽合奏版はレガート奏法がマッチしてなかなかいい線いっていると思う。

モーツァルトのピアノ・ソナタは、僕はフリードリヒ・グルダによる演奏を最も好む。彼のピアノの音はなんとコロコロと耳に心地よいことか。この人はごく微妙なテンポの崩し方をし、モーツァルトでは一様でないトリルを聴かせ、それが洗練されたユーモアを感じさせる(自分が所持しているのはamadeoのK.331, K.333, K.545, K485 が収められたアルバム)。

あと今日はトスカニーニ指揮によるショスタコーヴィチ「交響曲第七番」を聴く。冷戦下、ソ連から楽譜をマイクロフィルムにしてアメリカに持ち込んだとかいうもの。アメリカ初演だそうだが、もうトスカニーニ節になってしまっているのが凄い。


(c) 2010 ntr ,all rights reserved.
PR
[300]  [297]  [296]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [277
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]