忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 18:45:07

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.323
2010/07/23 (Fri) 05:49:22

「俺が少年野球チームの監督に!?」
モンスターはIR鉄道の広報部から呼び出され、広報部長の唐突な申し出を受けて狼狽した。
「ああ、実は私の息子が監督をしているチームなんだがね、息子が病気で急に指導できなくなってしまったんだ。淀川バイアンズというチームなんだが」
「ちょっと待ってくれ。俺は野球はルールぐらいは知っているが、ほとんど素人だ。なんで俺にそんなことを頼む?」
「自分では分からないかも知れんが、君は子供たちにとって英雄なんだよ。正義の実現のためには手段を選ばない、今の時代には欠けた野武士的な魅力が君にはあるんだ。君の言う事なら子供たちはなんだって聞くだろう。もちろん野球に関して素人ということなら、専門のコーチを雇ってもいい」
「しかし部長さんにとってそれは私事だろう? 軽い気持ちでやれることかと思ったら、コーチを雇ってもいいなどと言い出す。あなたの狙いは何なんだ?」
「わがIR鉄道の地域への貢献をアピールすることだよ。淀川バイアンズは君を中心として、IRバイアンズと名前を変える。心身ともに健康な子供たちを育て、日本の輝ける未来を象徴するチームになるんだ」
「しかし、そんな仕事が俺に務まるだろうか」
「務まるとも。わが社はバイアンズに惜しみない協力を約束する。そしてこれは君にしかできない仕事なのだ」
「……わかった」
しばし広報部長と打ち合わせをしたモンスターが部屋を出て行くと、入れ替りに人相の悪い、髪を短く刈った中年男が入ってきた。
「まったくIRの広報部長さんともあろう人が、世のなか狂ってるね」
「何がだ」
「野球賭博に手を染め、既存の枠組みで儲けるだけでは気がすまず、少年野球を賭博の対象にしようなんてね。プロ野球賭博から客を引いてくる代わりに暴力団と儲けを折半……当然八百長も入ってくる。こんなことを実際にやろうなんざ狂ってでもなけりゃ思いつかねえよ」
「新しいビジネスなどというものは、狂気と紙一重のところから生れてくるものだ。さてモンスターが入ってくれたことで、少年野球も盛り上がり、いよいよこのビジネスも現実味を帯びてくるというものだ」
「まあいい、危なくなったらこっちは手を引くだけのことさ」

日曜日の早朝、IRバイアンズのメンバーは淀川の河川敷に集まり、モンスターと初顔合わせすることになった。岸川というコーチも付くことになり、モンスターは意気揚々と少年たちに挨拶した。岸川コーチも、スポーツマンらしい日焼けした顔をほころばせ、にこにこしながら自己紹介した。よく晴れた青空のもと、練習が始まった。グラウンドをうさぎ跳びで三周。三十名の少年たちが、懸命にうさぎ跳びして汗を流す。
「頑張ってる子供たちを見るのはいいもんだな」モンスターは言った。
「そうっすね」ホイッスルを吹いていた岸川が柔和な顔で応じたが、二人の少年が集団から脱落すると、途端に鬼のように表情を変え「おいそこ!!」そして岸川はいきなり拳銃を抜き、少年二人に向かって発砲した。そして倒れた少年たちのそばに駆け寄ると、とどめとばかりにズギュンズギュンと二人の頭を撃ちぬいた。一同うさぎ跳びをやめ、あまりのことにみな息を呑んで沈黙した。
「おい!! 根性なしの蛆虫がどうなるかこれで分かったか!! このチームは勝つために集まっている! 貴様らの心身を鍛えるなどという生やさしい目標なぞまったくない! 勝利あるのみ! さもなくば死!」岸川は叫んだ。
「おい、いくらなんでもやりすぎなんじゃないのか!?」モンスターは狼狽して言った。
「え? 一流のリトルリーグチームになるとこんなもんすよ」岸川は言って「ほらほら、うさぎ跳びを続けるんだよ! それから監督に忠誠を誓うんだ! 合言葉はジーク・モンスター!」
「ジーク・モンスター!」少年たちはうさぎ跳びしながら叫ぶ。
「声が小さい!! ジーク・モンスター!」
「ジーク・モンスター!!」
キャッチボールや守備練習も万事この調子で、根性がないと見なされた子供はつぎつぎ岸川によって消されていった。

練習も三回目になるとモンスターも岸川の流儀に慣れたのか、精神力に欠けた子供をチェーンソーや電気ドリルを使って率先して処刑するようになった。
モンスター、本当にこれでいいのか!?

(つづく)


(c) 2010 ntr ,all rights reserved.
PR
[336]  [335]  [330]  [328]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]