忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 18:45:35

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.574
2012/08/19 (Sun) 02:46:03

 教師はたいてい生徒の提出物に押すための「検印」を持っていて、僕のものは数字のついたいくつかの輪を回転させることで年月日を表示できる、比較的高価なものである。年月日の周りに「検・中村」という文字を押すための円いゴム印がついているのだが、長年使っているためかそれがはがれてしまった。職員室で誰か接着剤を持っていないかと思い、美術の教員ならということで眞野あずさ先生に聞いてみたが、彼女は木工用ボンドしか持っていなかった。それでもないよりはと思って借りると、ボンドは容器の中でほぼカマンベールチーズのように固まっていて、接着剤の用をまるで成さない。それでも憧れのあずさ先生から借りたものだから「すごく助かりました!」と言って返しておき、しかたがないから日曜にホームセンターでゴム用ボンドを買ってきた。

 しかし僕は不器用だから「検・中村」の円いゴム板だけを接着しなければならないのに、年月日の数字のところにまでボンドをつけてしまった。で月と日は問題なく回転するのだが、年のところが2078年で固定されてしまった。「それまで待って使ったらどうですか?」と隣の先生が言ったから、自分は105歳まで教師を続けなければならないのかと暗然たる気持ちになったが、とりあえずはこの検印を使い続けることにした。生徒には未来人がハンコを押したような変な気分を味わわせることになるだろうが、じきに慣れるに違いない。だいたい数学の教師は細かいことを気にしない大雑把な人間が多く、生徒もそれを知っているから、僕も年数が狂っていることなど気にしないことにしよう。たかだか66年の誤差など、137億年の歴史を持つ宇宙から見ればどうだっていいことだ。100年もたてば生徒はすべて死に絶え、80億年たてば太陽は膨張し赤色巨星となって地球を飲み込み、さらに10^34年後にはすべての陽子が崩壊して宇宙から原子というものも一切無くなって、そのとき残るのはブラックホールだけである。

 そう思うと、我々の日々の悩みなどすべてが小さいことだ。どうせ宇宙は最後には粉微塵になって無くなるのだ。この世の決まりごとに縛られあくせくするのはもうやめよう。かくして僕は働くのも馬鹿らしいと思い、ブルドーザーを盗んで銀行ATMを破壊してお金をせしめようと計画を練り始める。金さえあれば密貿易の輩から銃の十丁や百丁ぐらいすぐに手に入るだろう。警官が逮捕に来たらすべて銃殺し、僕は海外、おそらくは南米に逃げることになる。コロンビアあたりに行って金をバラ撒けば一生退屈しないだけの麻薬が手に入るだろう。この世の憂いはすべて忘れ、麻薬に陶酔しつつ、敵が来ればぶち殺し、好きなだけ女を抱いて一生を終えればいいではないか。どうせ死ねばすべてが終わりだ。

 いや、必ずしもそうではない、と僕はあることを思い出す。何度かこれまで記事で述べたように、我々の霊魂は死後ブラックホールにおもむく可能性があるのである。そして上に述べた如く、宇宙の最後になってもブラックホールだけは残存し続けるのだから、そこに閻魔大王の如き裁きの神が棲んでいて、我々の生前の悪行を償わせるのかも知れない。そして血を吐くような苦役が永遠に続くのだ。なるほどアインシュタインの方程式を解いてもブラックホールは出てくるが閻魔大王は出てこない。しかし小さきもの人間よ、慢心してはならぬ。大自然を前にして心を虚にし、畏怖すべきもの、それは神と呼んでもよいが、その存在を感じ取るべきである。そして畏れればおのずと人の由るべき道が眼前にあらわれるであろう。そして日々に粛敬恐懼し、道に違わざらんと終日努めてやまずして、而して夕に惕若たらんと欲すべきなのだ。

 要するに、諦めずに検印の年のところから丹念にボンドを取り除いて、年数を2012年に合わせたほうが良かろうということだ。なんのこっちゃ。

(c) 2012 ntr ,all rights reserved.
PR
[586]  [578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]