忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/21 (Mon) 00:21:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.610
2012/11/25 (Sun) 06:45:40

「ひな祭り」というのは「祭り」という言葉の誤用である、と幸田露伴はつねづね語っていた。祭りというからには祭るべき神がなければならない、だから「ひな祭り」ではなく「ひいな遊び」というべきだ、というのだ。しかしこの祭りという言葉の濫用は今日ますます広まっている。古来八百万の神々の幸うわが国において、神にかかわる言葉の誤用は陰に日本の国運を傾けないとはいえないのであるから、今後はヤマザキ秋のパン遊び、ミクの日大感謝遊び、ももいろクローバーz@男遊び、などと各種イベントの呼称を改めるべきだろう。

 鳩が平和の象徴、などというのは嘘である。鳩は飛びながら、あるいは電線に止まりながら排便し、下にいる人間に糞をひっかけることがあるが、このように人の迷惑を考えることが出来ない動物がどうして平和の象徴たりえるだろうか。それは汚泥を海に流し周囲に迷惑をかける国が真に平和的とはいえないのと同断である。その点、豚は何でも食べ、汚物のようなものでも餌にしてしまうから周囲をきれいに保つことが出来る。だから今後は豚を平和の象徴としてはどうだろうか。オリンピックの聖火台に火が灯されるとき、そこから何百頭という豚がいっせいに駆け出すのである。あまり見栄えはよくないだろうが、真の平和と見栄えのどちらが大切かよく考えてみるべきだろう。

 昔インドのシラム王は、首相のベン・ダールとチェスをしていて、もし自分に勝ったら褒美をやろうと思うが何が良いか、と尋ねた。首相の答えはこうだった。小麦をもらいたいが、まずチェス盤の第一のマスに一粒、第二のマスには二粒、第三のマスには四粒、第四のマスには八粒、という具合に倍々に小麦の粒を置いていって、六十四マス埋まるまでの量を欲しい、と。王は首相の申し出が余りに控えめに思えたからすぐに承諾した。しかし実際に小麦の粒をチェス盤に置いていくと、十七マス目にはテーブルが小麦でいっぱいになり、二十六マス目には部屋がいっぱいになり、四十二マス目には宮殿中が小麦で埋め尽くされてしまった。王が数学者に計算させたところ、六十四マス埋まるときには約10の20乗粒の小麦になり、それはインド全体を厚さ十五メートルの小麦で覆うほどの量である、とのことだった。倍々計算というのは、これほどに急速に大きな数を生み出すのである。
 ではその逆に、半分にすることを繰り返す計算はどうだろう。地域によって違うかも知れないが、葬儀において遺族は、参列者から受け取った香典に対し「半返し」といって香典の半額分の物品を返す習慣がある。ふつう参列者は香典の半額を受け取って終わりになるが、ここに遺族の苦労を少しでも減少せしめんという好意に満ちた参列者がいたとして、返してもらった「半返し」に対してさらにその半分を遺族に渡すとする。遺族もそれに対して半返しする。これを繰り返す。もし最初の香典が1キログラムの金塊だったとして、このやりとりは何回できるだろうかと考えると、およそ90回のやりとりで金原子1個に到達してこれ以上半返しは出来なくなる。もっともこの金原子を素粒子の加速器にかけて原子核をバラバラにすれば、心ばかりの半返しがさらに出来ることになるが。


 阿呆、燃えているなら消せ、
 燃えてしまったのなら、また建てろ。

という言葉がゲーテの「報告」という詩にあるそうで、いかにも活動家のゲーテらしい。むかし江戸はしばしば大火に見舞われ、そのたびに上のゲーテのような意気で復興したわけだが、そのさい最も活躍したのは大工たちだろう。大工は花形の職業とされていたが、そのように火事の多かった江戸だからこそ、実入りのいい商売だったといえそうだ。ところで現在でも腕のいい大工になると高収入だと聞くが、耐火建築の増えた今、昔ほど羽振りのいい商売ではなくなっているはずである。それならばこの際、大工たちが少しずつお金を出し合って、放火魔を育成する学校を作るというのはどうだろう。もし放火魔が逮捕され服役した場合は、出所後、大工たちが基金の中から相応の額を彼に支払い「お勤めご苦労さんです」と頭を下げる。なかなか良いシステムだと思うが。


(c) 2012 ntr ,all rights reserved.
PR
[618]  [615]  [614]  [613]  [612]  [610]  [609]  [594]  [593]  [587]  [586
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]