忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 18:45:57

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.613
2012/12/09 (Sun) 03:03:37

 ある日、果物を喉につまらせて咳き込み、咳がしばらく続くと今度は頭が痛くなってきて、寝込む羽目になった。つまり咳をしたから風邪を引いたので、必ずしも風邪を引くのに続いて咳をするという順序関係ではないことを僕は発見したのだ。因果関係といってもいいが、これが逆転したように見える現象はままあるもので、例えば横綱になったから強くなる、ミサイルを作ってしまったから隣国を脅かしたくなる、あるいは身近なところにも、自画像にひげを描いてしまったからひげを伸ばすことにした人、門番を雇ってしまったから門を作る羽目になった人というのもいるかも知れない。ひげと門番の話は自前ではなく寺山修司の詩に出てくる例だが、モンティ・パイソンのコントに出てくる「ヘンな歩き方省」なる行政機関では、その省の役人がひたすらヘンな歩き方を追究しているのだけれど、いったんそういう省庁が出来てしまえばヘンな歩き方の需要が生じ、民間人が自分の発見したヘンな歩き方を審査し認可してもらいにその省にやって来るのである。ここで皮肉られているような無駄な公共機関というのはどこの国にもあるのかも知れないが、以前NHKの政見放送を見ていたら、「国会議員を半分に減らす党」というのが出てきて、この党名を見るや否や、そういう党こそ減ってしまえと思ったのは僕だけではないだろう。最近の「国民の生活が第一」という党名は、今の例ほど自己撞着はしていないが、小沢一郎を見ると「どうせ我が身が第一なんだろ」と思わざるを得ないのだから、党の名称としてはあまりよろしくないのではあるまいか。

 方程式 x^2 + x +3 = 0 を解けといわれて x = - x^2 -3 と答えたのでは答えにならない、というのは x とは何かを言うのに x それ自体を使っているからである。質の良くない国語辞典では「右」という語の説明として「左の逆方向」、「左」の説明として「右の逆方向」としてあるものがあるそうだが、自分の持っている辞書の「右」の項目には「北を向いたときの東の方向」とあり、一見これなら良いようだが、あるいはさっきの辞書と五十歩百歩かも知れない。僕の知り合いには、もう大人だが北に向かってどちらが東でどちらが西なのか覚えられない、という人がいるのである。辞書における左右の説明として有名なものに、右を「この辞書を開いたときに偶数ページのあるほう」というのがあるが、これなら納得せざるを得ないか。 ただ意地でもケチをつけるとするなら、これは我々が十進法を使っていて、10が2で割り切れるため、ある数が偶数か奇数か判定するには数の下1桁を見ればよいだけで簡単だ、という事実に依存している。だからたとえば9進法を使っている宇宙人がいたとして、その人たちの辞書ではこの左右の説明は使えないのだ。

 自分の勤務する学校で同僚の先生と「数学の試験でも何か時事ねたを取り入れたいですね。たとえば『ここに1個のiPS細胞がある』とか」などと話し合った。「高校数学は古典だからなぁ」とS先生がつぶやいたが、確かに高校でやる数学はほぼ十九世紀前半までに作られたものである。まあそれはさておいて、荒唐無稽な問題ながらこういうのはどうだろう。

  ここに1個のiPS細胞がある。これは1分ごとに倍々に増えていき、1時間後に人間の脳が出来上がるよう設計されているものとする。このとき、脳のちょうど半分が出来上がるのは何分後か?

(脳が完成する瞬間を想像するといかに無理な問題かが分かる。)


(c) 2012 ntr ,all rights reserved.
PR
[621]  [620]  [618]  [615]  [614]  [613]  [612]  [610]  [609]  [594]  [593
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]