忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/20 (Sun) 16:43:41

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.65
2009/10/16 (Fri) 01:48:52

磯野家のあるS-7地区の核シェルターに、突如として放射能汚染の警報がわんわんと鳴り響いた。死の灰の降り積もった地上から、放射線が漏れてきているときに鳴るものであり、緊急度が高いとコンピュータが判断したためか、あっという間にS-7地区は分厚いシャッターで他の地区から隔離されてしまった。
「どこが汚染されたのか?」人々は防護服を着て探知機であちこち調べて回ったが、どこにも異常は認められなかった。どうもコンピュータの誤作動らしい……しかし一度降りてしまった重いシャッターを開けることはなんとしても不可能だった。そして間もなくこの地区で食糧危機が叫ばれるようになった。
「この地区の食糧庫には、一ヶ月分の余剰しかないそうだ。なんとか他に食糧を確保する方法を考えんと」波平は言った。
波平を含めこの地域の大人たちは、もやしやカイワレ大根のようにすぐに育つ植物の栽培を試みたり、プラスチックからパンを作る研究も始めた。

「どうせそのうち死ぬんだから、今を楽しめばいいのになあ」カツオは大人たちを見て言った。「なあワカメ、バーチャルリアリティもいいけど、そろそろ飽きてきたよ。俺、本当にうきえさんとやりてえよ。ワカメ、いい方法考えろよ」
「簡単よ。うきえさんを薬漬けにすればいいんじゃない」
ワカメとカツオは、うきえのいる伊佐坂家に、大量の薬物を持って押しかけて行った。

「大変ですぅー!」タラちゃんが叫びながら、磯野家に帰ってきた。「カツオ兄ちゃんが、うきえお姉さんと変なことしてるです!」
血相を変えた波平が、伊佐坂家の窓からその行為の最中のカツオに怒鳴りつけた。
「カツオ!! 何をしとるか!」
しかしカツオは動じなかった。「へっ。もうモラルもへったくれもあるかい! うきえさんが孕んだとしてもどうせ一ヶ月の命じゃないか。なっ、うきえ」
「カツオくん、もっと上」
波平にはもう言う事がなかった。そう、一ヶ月もすれば、おそらくみんな餓死だ。この期に及んでくどくど説教するのは野暮かも知れない。いやしかし、親として何か伝えられることはないだろうか。

食糧がほとんど底をつきかけてきたある日。磯野家のみんなはげっそり痩せこけていた。波平は庭で麻酔を自分の脊髄に注射し、のこぎりを片手に瞑想していた。
「む、麻酔が効いてきたぞ。感覚がなくなってきた」波平はやおらのこぎりで自分の右の太腿を切り始めた。「こりゃ一人では手に余るな。おーい、マスオくん」
「なんですか。わぁ、何やってらっしゃるんですか!?」
「みんなにわしの足を食ってもらおうと思ってな。すまんがのこぎりで切ってくれんか」
「そそそんなこと、できませんよ」
「血におびえたか。意気地なしめ。おーい、サザエ!」
サザエは割合に平気に、血しぶきを浴びながら波平の右足を切断した。
「肉はたくさん付いとるから、味噌味、しょうゆ味、いろいろ試すといいぞ」波平が言うと、フネが調理の準備を始めた。

「いやあ、食った食った。お父さんも久々にいい事したねえ」爪楊枝を片手にカツオが言った。
「おいしかったですぅ」タラちゃんが言った。
「ところでマスオさんは?」とサザエ。
「さっき鴨居で首吊ってたわよ」とワカメ。
「わはははははは。じゃあ次はマスオくんを食うか!」と波平が言うと、久しぶりに磯野家の居間に、どっと笑い声が起こった。

(つづく)

(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]