忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 18:43:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.60
2009/10/16 (Fri) 01:35:55

以前は品のよい乗客が多かった阪急電車も、京阪神での麻薬汚染の拡大も影響して、車内での非行少年や犯罪者の乱行が目立つようになってきた。
その日の午後五時ごろ、宝塚線・急行梅田行きの後ろから二両目は、降魔学園の男子生徒たちで占領されていた。喫煙するものはもちろん、堂々と大麻を吸引する者もいる始末である。こういう日は、車掌も恐れをなして注意しないのが通例になっていた。また、普通の人間ならこうした車両には乗り込まなかった。しかし蛍池駅で、事情を知らない盲目の少女が、運悪くこの不良の巣窟と化した車両に乗り込んだのだった。
「おい、スケだぜ。しかも上玉だ!」
不良の一人は叫び、ナイフを少女の前でちらつかせて
「おう、言うことを聞きなよ。痛い目を見たくなかったらよ」
しかし少女の眼はナイフを追ってはいなかった。
「このスケ、目が見えないんだぜ! こりゃ面白いや。めくらのスケとやるってのも乙なものだぜ」
少年は、少女を座席のところで四つん這いにさせ、スカートをまくり上げた。そのときである。一つ目で醜く黒ずんだ顔の車掌が、少年の首根っこを後ろからつかんだ。
「快適な車内の環境づくりにご協力ください。いや、協力しろ。といってもお前らには無理だろうな。麻薬で煙った体の中の風通しを良くしてやる」
そういってモンスターは、少年の背中にパンチし、そのこぶしは相手の体を貫通し胸から突き出た。正面にいた他の少年たちは、顔に血しぶきや生暖かい胃の内容物を浴びてあっけに取られた。しかし筋金入りのこの鬼畜どもは、すぐに戦闘意欲を燃やし、鉄パイプでモンスターに襲い掛かった。しかしパイプはモンスターの頭に直撃すると、ぐにゃりと曲がってしまい相手になんらのダメージも与えられなかった。飴細工のようにU字型に曲がった鉄パイプを奪ったモンスターは、その両端を攻撃してきた少年の両目に突き刺し、車両の天井に穴を開けて、列車に電力を送る架線にパイプを接触させた。すさまじい電気ショックがパイプを通じて少年の体をつらぬき、彼はあっという間に焦げ臭い匂いを発するしかばねと化した。
それに肝をつぶした不良少年たちは、十三駅で全員車両から逃げ出した。

あとに残った盲目の少女とモンスター。
「あなた、私の命の恩人なのね」少女は、手探りでモンスターの顔に触れた。光を失ったその目は、しかし美しく輝き、頬をばら色に染めていた。モンスターは自らの醜悪な顔のため、こういう状況に不慣れだったが、少女に顔を自由に触らせた。
「やさしそうなお顔……お礼がしたいわ。私のうちに来てくださらない?」
モンスターは彼女とともに、その住まいに向かった。そして彼女は、モンスターにとって生れてはじめての恋人となった。

(つづく)

(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]