忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/19 (Sat) 07:08:26

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.128
2009/11/09 (Mon) 22:31:40

"Blue Moon"という歌はいろんな人が歌っているようだが、僕は女性ジャズ・ヴォーカルのジュリー・ロンドンによる録音が好きだ("Julie is her name VOL.2"というアルバムに所収)。プレスリーの歌ったものがとくに有名らしいけど、それはちゃんと聴いたことがない。

歌詞が気になってネットで調べてみた。

BLUE MOON
作詞:Lorenz Hart 作曲:Richard Rodgers

Blue moon, you saw me standin' alone
Without a dream in my heart, without a love of my own
Blue moon, you knew just what I was there for
You heard me sayin' a prayer for
Someone I really could care for

And then there suddenly appeared before me
The only one my arms will hold
I heard somebody whisper "please adore me"
And when I looked, the moon had turned to gold

Blue moon, now I'm no longer alone
Without a dream in my heart
Without a love of my own


青き月よ お前は俺が独りたたずんでいるのを見ていた
心に夢もなく 愛し合う人もいないこの俺を
青き月よ 俺が何故そこにいたのかもお前は知っていた
俺の祈りの言葉も聞いていた
それは俺が心底気づかうことのできる人への祈りだった

そのとき突然目の前に現れたのは
俺がこの手に抱くであろう唯一のもの
誰かがつぶやくのが聞こえた 「私を慕ってごらん」と
見るとそのとき 月は金色に変わった

青き月よ 俺はもう一人じゃない
心に夢もなく
愛し合う人もいないけれど


自分で訳してみたが、これでいいのかな。通常どんな日本語訳がされているのか全然知らない。
まず"without a love of my own"とあって、辞書で調べると"love"を「愛する人」のように使う場合、通常その相手は女性らしいから、歌の主人公は男性ととりたい。"care"は普通「気づかう」だろうけれど、この歌詞の場合「愛する」と訳してもいいものだろうか。

"And then there suddenly appeared before me"というのは何が現れたのだろうか。"please adore me"という誰かのつぶやきが聞こえたとあるが、"adore"は「神として(あるいは神のように)敬愛する」という意味らしいから、人間がそんなことをつぶやくのは変な気もする。月がつぶやいたとするとぴったりのセリフかも知れない。だから突然現れたのは「月」で、月に"please adore me"と語りかけられたような気がして孤独感が癒され、さらに金色に輝いて主人公の心に希望の光がさした、ということじゃないかな。
この読み方がいちばん筋が通るように思えるのだが、他の解釈も可能だろうか。

しかし英語を日本語に訳すのって難しいものだな。"a love of my own"など、単に「恋人」ではまずいような気もして、ぴったりした訳語が思いつかない。英語に詳しいかた、良い訳があったら教えてください。


こんな歌が気になりだしたのは、久しぶりに映画「狼男アメリカン」を見たからだった。この"Blue Moon"が、この映画のオープニング曲として使われている。1981年のアメリカ映画で、原題は"An American Werewolf in London"。僕ぐらいの年代の人で、この映画が強く記憶に焼きついている、という人は多いのではないだろうか。

題名のとおり、イギリスに旅行に来たアメリカ人が狼男になる、という話。二人の若いアメリカ人が旅行に来て、イギリスの片田舎を満月の夜に歩いていると、狼に襲われて一人は死に、一人は浅い傷を負って助かる。生き残ったほうの男は狼男になってしまい、満月の夜になると変身する(最初に襲ってきたのは実は狼男で、主人公はその血を受け継いだのだった)。手の平や背骨や顔が変形していくリアルな変身シーンは、当時ものすごいインパクトがあった。面白いのは重傷を負って死んだほうのアメリカ人が、見るも無残な傷をさらしながら時々主人公の前に現れるところ。「お前は狼男になって殺人を犯すようになるから、満月になる前に自殺しろ」と警告しに来るのだが、ゾンビのようなおぞましい姿なのに、あくまで普通のアメリカ人のように軽いノリでジョークを飛ばすあたり、かなり笑える。「ホラー映画なのに可笑しい」というのも、当時は画期的だったようだ。今度見直して初めて気付いたけれど、監督は「ブルース・ブラザース」のジョン・ランディスだったのだな。面白いはずだ。

同じ時期「ハウリング」という狼男映画もあったが、こっちはあまり印象に残ってないな。続編が何本も作られたようだから、あるいは面白かったのかも知れない。これもそのうち見直してみよう。


(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [122]  [119]  [118]  [117
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]