忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/21 (Sat) 12:04:55

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.132
2009/11/10 (Tue) 00:05:43

期待  デーメル

赤い館のかたわら
海緑色の池から
樫の死木のしたに
月が照る

館がくらく
水にうつるところに
男がひとり立ち
指環をはずす

三粒のオパールがきらめき
青白い石のないぶに
赤や緑がきらきらと浮び
流れ沈みゆく

男は石に口づけし
瞳は海緑色
の水底のようにかがやき
窓がひとつひらく

樫の死木のかたわらの
赤い館から
青白い女の手が
男にむかってひらひらと動く


岩波文庫『ドイツ名詩選』より(檜山哲彦訳)。

好きな作品であると同時に、どうも解釈に苦しむ詩だ。
題名を「期待(Erwartung)」というけれど、いったい誰が何を期待しているのだろうか。
池のほとりに立って指環をはずした男が、宝石のなかに明滅する赤や緑のきらめきを眼にし、何かよいことが起こるのを予感して石に口づけした。まずそんなふうに感じるのだが、館の窓から女の手(Frauenhand)が出てきて男に何事か合図をする、その手が青白い、血色が悪い(bleich)というのが気にかかる。なんとなく、期待というよりは不安になるような女の手だ。

あるいは何かを期待しているのは、手を振った女のほうだろうか。彼女は病弱な体だ。さきほどその男性に、自分の形見にとオパールの指環を渡した。彼が池のほとりで、その宝石をじっと見て口づけし、その瞳のなかに澄んだ輝きを宿しているのを彼女は見た。きっと彼は、彼女のことをずっと忘れないだろう……という期待。

しかし、詩の中では女の手は遠景の一部に過ぎない感もあり、そこまで想像するのは恣意的な気もする。

「樫の死木」という言葉から、男が立っている場所はきっとさびしげな場所だ。館も暗いし、ひとけはないけれど、月が皎々と照らし、そして何より指環の青白い宝石は、周囲のことを忘れて見入ってしまうような美しさだ。男の心は満ち足りている。

なんとなく詩ぜんたいが、ひとつの夢のようにも感じられる。脈絡がないようで意味ありげな青白い女の手も、印象的な夢の幕切れのようだ。だから強いて解釈を試みなくてもいいのかも知れない。じじつ、これまで解釈しようとしなくても好きな作品だったのだから。

元来これが収められている作者デーメル(Richard Dehmel 1863 - 1920)の『女と世界』という詩集をみれば、もっと何か分かるかも知れない。

ドイツ語に詳しい方のために、この詩の原文を掲げておきます。


Erwartung

Aus dem meergrünen Teiche
neben der roten Villa
unter der toten Eiche
scheint der Mond.

Wo ihr dunkles Abbild
durch das Wasser greift,
steht ein Mann und streift
einen Ring von seiner Hand.

Drei Opale blinken;
durch die bleichen Steine
schwimmen rot und grüne
Funken und versinken.

Und er küßt sie, und
seine Augen leuchten
wie der meergrüne Grund:
ein Fenster tut sich auf.

Aus der roten Villa
neben der toten Eiche
winkt ihm eine bleiche
Frauenhand ....


(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]