忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/19 (Sat) 06:57:38

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.489
2011/11/01 (Tue) 00:46:01

 高校時代はスズキの50cc、マメタンと一緒だった。

 一度、日光へ出かけた折、接触で修理を余儀なくされていたが。
 フロント・フォークをイージーライダーのように伸ばし、リアショックを短いものにしてより、チョッパー色を増していた。

 信号待ちなどで「整備不良じゃないのか?ちょっと交番まで・・・」と、免許証を見せた挙句職務質問だの身体検査などされる場面は多かった。


 いつの間にか受験シーズンだの進学だのとやかましくなり、いったんはバイクから遠ざかり、専門学校入学が決まってから毎日新聞の朝刊配達を始めた。

 以前、高1の夏にも2カ月ほどやったことはあったが、そのときは読売で自転車で配達部数も150くらいだった。
 バイクで配達し部数も300部以上で1回の配達の走破距離は40kmを楽に越えるハードなものだった。

 配達のお供はホンダが世界に誇る超精密機械、スーパーカブだった。

 取り回しと燃費の良さ、静粛性では他の2ストの実用車ではかなわなかっただろう。今じゃ、若者のファッションバイクの用途もあるらしいが。

 夏場は蚊に喰われたり、雨や台風になかされ犬に吠えられたり合計2年近くの配達のバイトは集金なんかも含めて結構大変だったから今でも記憶に残ってる。

 冬場は手がかじかみ、寒かった。
 皮の手袋はすぐに硬くなったし、ダウンなんか高くて買えなかった。シュノーケルと呼ばれたN3B・・・ナイロンツイルでできたフードにボアのついたハーフコートの下はつなぎだった。

 余ったスポーツ新聞をいつも入れに行く農家のオバちゃんから「いつも、ありがとう。御苦労だね。朝ごはん食べておいでよ・・」とほほ笑みながら、熱いみそ汁と白いご飯、自家製の糠漬け・・・。
 電子レンジなどまだ普及はさほどしていなかった頃だ。

 あったかい御飯が胃袋にしみた。

 「また、いつでもおいでよ・・・、御苦労さん」と送り出してくれた。

 それから1度もその家でご飯を御馳走になることなどはなかったが、スポーツ紙が余るとそのお宅へは届けていた。


 配達も止め、学校も中退し思ってもみなかった業種へ就職し、都心を離れて北陸にその後移り住んだ。

 10年振り以上でその農家のあった場所をクルマで通ると辺りはすっかり変わっていた。
 整地された土地にはマンションが立ち並び、かつて配達の帰りに最高速で飛ばして帰った一帯は今やレイクタウンなどと超大型のショッピングセンターになり、のどかな湿地帯だったころの面影はない。


 カブのアイドリングの音をたまに聞く機会があると、

 あの熱いみそ汁を思い出す。



 (c)2011 Ronnie Ⅱ , all rights reserved.




 ☆ 索引 〜 昭和の憧憬  へ戻る
PR
[495]  [494]  [493]  [491]  [490]  [489]  [488]  [496]  [485]  [487]  [480
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]