忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 16:37:36

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.644
2013/05/15 (Wed) 00:01:05

 富士山が世界遺産に登録される運びらしいが、雑誌「ニュートン」の今年の二月号によれば、その富士山が近いうちに噴火する可能性が大いにあるそうだ。近いうちというのは今年か来年あたりである。その根拠は、歴史上世界で起きた火山の噴火について調べると、しばしばそれが大地震のあとに連動して起こっていることである。マグニチュード九・〇以上の大地震についていえば、一九一〇年から二〇一〇年の間に五回起きているが、地震の翌日から三年以内に例外なく近くの火山が噴火を起こしている。そして二〇一一年三月十一日に起きた東日本大震災はマグニチュード九・〇で、いまだに付近の火山は噴火していない。東日本には箱根山など、富士山以外にも火山はあるが、とくに富士山は三つのプレートの境界が合わさるところに位置していて、地震との関係でいえばもっとも噴火を起こしやすいと考えられる。
 
 富士山が噴火すればその近隣がこうむるであろう災害はもちろん大きなもので、とくに厄介なのは火山灰だそうだが、僕は世界遺産に登録された大きなゆえんであろう富士山の優美な形状が噴火のあとどうなるのかが気になるのだ。
 一般に火山はその頂上が噴火するとは限らないもので、じっさい富士山がもっとも最近噴火した一七〇七年の場合では、南東の山腹七合目あたりからマグマが噴き出している。富士山にはフィリピン海プレートに乗った伊豆半島がつねに南東方向から圧力をかけているそうで、そのため南東から北西にかけての山腹には岩盤に裂け目が出来やすくなっており、そこが噴火口になりやすい。
 そこで心配になってくるのだが、かりに有史以来の大噴火がそうした岩盤の裂け目から起きた場合、富士山南東の山腹が大きく欠けてしまい、南西あるいは北東方向から見るとまるで左右対称でないブサイクな山になってしまわないだろうか。富士山はあるいは天皇にもまさるとも劣らない日本の象徴なのだから、これは由々しき問題である。もしそのときは、日本民族の超人的な勤勉さと科学技術を結集して、富士山を元のかたちに修復してもらいたいものだ。富士山の左右対称性を保つというだけなら、山の反対側である北西の山腹を同じ程度に削るほうがあるいは簡単かも知れないが、そういうことはして欲しくないのだ。日本人の美意識が狂っていないことを信じたいところである。

(c) 2013 ntr ,all rights reserved.
PR
[651]  [650]  [649]  [646]  [645]  [644]  [637]  [627]  [623]  [621]  [620
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]