忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/21 (Mon) 00:20:39

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.89
2009/10/16 (Fri) 05:10:31

山椒魚というと天然記念物だと思っていたが、ネットで検索すると「山椒魚の串焼、唐あげ」を平気で出している旅館が多いのに驚いた。よく調べると山椒魚にはいくつか種類があり、特別天然記念物の指定を受けているのはオオサンショウウオ(体長50~60cm)で、その他の小さな山椒魚(20cm以下)は必ずしも捕獲禁止ではないようだ。旅館で料理されているのはこの小さいほうの山椒魚だろう。

自分は食への関心が薄くて、料理に凝ったり、旨いものを食べ歩いたりなどあまりしないけれど、「絶対に食べられない旨いものがある」と聞くとむらむらと食べたくなってくる。北大路魯山人の『魯山人味道』に、オオサンショウウオを料理して食べる話が載っていて、とても美味しそう。

オオサンショウウオを殺すには、棒で頭をたたく。すると断末魔にキューという薄気味悪い声を出して死ぬ。腹を裂き肉を切ると、山椒の香りがプーンとあたりに広がる。山椒魚の名の由来か。皮、肉をブツ切りにして煮るが、肉はいったんコチコチに固くなり、長時間煮てようやく歯が立つようになる。味はすっぽんを品よくしたような美味。汁もうまい。すっぽんとふぐの合の子みたいな味。調理した次の日になって冷めると、非常に柔らかくなり、よりうまい。

料理法の大略は「まずはらわたを除いたら、塩でヌメヌメを拭い去り、一度水洗いして、次に塩を揉み込むようにして肉を清める。こうして再び水洗いして、三、四分ぐらいの厚さの切り身にする。汁は酒を加え、丸しょうがとねぎを入れて、ゆっくり煮る。」

こんなこと知っててもどうしようもないな。しかし食べてみたい。

どなたか、小さいほうの山椒魚でも食べた方がいらっしゃいましたら、どんな味だったか教えていただけませんか。

(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]