忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/08/21 (Mon) 00:09:57

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.31
2009/10/15 (Thu) 23:48:47

「すごいなあ、このCDショップは。フロアはそんなに広くないが、ジャズの品揃えはほんと充実してるねえ。玄人受けするアルバムが多いのが嬉しいじゃないか。だいたいどこの店でもマイルスとビル・エヴァンスはたくさん置いてるもんだが、ジミー・ジュフリーだのタル・ファーロウのアルバムがこんなに揃ってる店は初めて見たぜ。モダン・ジャズ・カルテットの『淋しい女』、嬉しいねえ。本寸法じゃないか。今日はクロード・ウィリアムソンのピアノが聴きたいからこれを買うぜ。いくらだい?」
「2100円です」
「そうか。ちょっと細かくなるが受け取ってくんな。1円, 2円, 3円, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, ……, 999, 1000, 1001, ……, 2005, 2006, 2007, ところで今年は何年だい?」
「2008年です」
「2009, 2010, 2011, ……, 2100。じゃ、ちょうど置いていくぜ。またな」
と言ってその男は、品物を持ってすいっとどこかへ去っていった。

それをわきで突っ立って見ていた奴がいた。
「なんだあいつは。カウンターであんなにべらべら喋る客なんて見たことないや。やたら店のことをほめちぎって。何が本寸法だよ、これぐらいの品揃え、珍しくないってんだ。いくらだい、なんて値段を聞きやがったよ。値段なんて品物に書いてあるじゃねえか。また変なところで年を聞きやがったな。2006, 2007, ところで今年は何年だい? 2008年です、2009, 2010, 2011, ……ん? あれ? 1円ごまかしたのか? あいつ、やりやがったな!? すごい奴もいたもんだ……あの店員は生涯気づかねえよ! 1円なんてたいしたことないが、ああやってトントーンと事が運ぶのが嬉しいじゃねえか。よし、俺もやってやろう。しかし1円玉をあんなに持ってねえな」
そう言って男は、2100円持って銀行に両替に行った。

「はい、大変お待たせいたしました。2100円を1円玉にご両替ということで、確認させていただきます。1円, 2円, 3円, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, ……, 999, 1000, 1001, ……, 2099, 2100。多いので袋に入れさせていただきますね」
「お、ありがとよ。じゃ、またな」
「あ、ちょっとお待ちを。手数料として別途600円いただきます」
「ちきしょう」

(終)

(c) 2009 ntr ,all rights reserved.

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪津波  | HOME |  海の神様≫
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]