忍者ブログ
AdminWriteComment
 『読んで面白い』『検索で来てもガッカリさせない』『おまけに見やすい』以上、三カ条を掲げた〜快文書〜創作プロフェッショナル共が、心底読み手を意識した娯楽文芸エンターテイメントを提供。映画評論から小説、漢詩、アートまでなんでもアリ。嘗てのカルチャー雑誌を彷彿とさせるカオスなひと時を、是非、御笑覧下さいませ。
No.
2017/10/17 (Tue) 16:34:42

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.83
2009/10/16 (Fri) 04:38:23

ときどき、SFに出てくるテレポーテーション(物質転送)装置のことを考える。「スタートレック」には毎回のように出てくるし、映画「ザ・フライ」ではこの装置で人間の転送に失敗したことがハエ男を生んだのだった。

こうした装置は、物質をいったん分子レベルでばらばらにして、何らかの方法で別な位置に送り、そこで分子を再結合させ元の物質にもどす仕掛け、と説明されることが多いようである。
では、人間を転送した場合、その分子を間違って左右逆に再結合してしまったら、その人間は生きていけるのだろうか。

そうした失敗はこの装置において「起こりそうなこと」かも知れない。物質の各分子を別な場所に移動する際、これこれの場所(座標)へ移動させよという命令は、装置のプログラム上ではきっと「3次元の一次変換」として実行され、それも変に歪んだ形状で分子が再結合しないためには「直交変換」とよばれる操作がなされなければならない。直交変換は、行列式が ±1 である3次の行列で与えられる。行列式が 1 ならば物質の左右はそのままで、-1 なら左右が入れ替わる。だから変換の行列式がつねに 1 になるように装置はプログラムされるだろうが、-1 が 1 と認識されてしまうような誤作動が起きると、「物質の左右の逆転」が起きてしまうのである。

しかし人間の体を構成する分子の中には、左右対称でないもの(正確には「鏡に映すと別物に見えるもの」)が相当数入っているだろうし、左右逆にした再結合はうまくいかない可能性が高そうだ。パズルのピースの中に左右対称でないものが含まれていたら、完成品をばらばらにして各ピースを左右逆に並べようとしてもうまく組み合わさらないのと同様である。
だから人間をそのようにあやまって再結合しようとしたら死ぬのではなかろうか。

ここで、この装置が物質を「分子レベル」ではなくて「原子レベル」にばらばらにするとしたらどうだろうか。原子までばらばらにしてしまうと、再結合の際に非常に多くの「化学反応」が起きる必要がありそうに思え、そうした装置の実現は難しいのかも知れない。しかし仮にそういう装置があったとして、それで人間を左右逆に転送したらどうなるだろうか。

今度は左右対称でない分子は、転送によって左右逆になった分子(つまり「光学異性体」)に変わるから、再結合そのものは問題なさそうだ。問題はそうやって左右逆になった人間が生きていけるかである。
ごくまれに、内臓や血管のめぐり方がすべて通常と左右逆になっている人がいるようである。つまり心臓は右に、肝臓は左に、S字結腸は右にある、という具合である。そういう人は、内臓に欠陥を抱えていることが多いと聞くが、普通に生きていられるらしい。そこから推して、転送で左右逆になった人も生きていけると思っていいのだろうか。自分にはよく分からない。

たとえばDNAはどうだろうか。DNAはいわゆる「二重らせん構造」をしている。らせん状のものの鏡に映った像は、もとのものと別物に見える。右に回して締まるねじと左に回して締まるねじが別物なのと同様である。DNAがそのように別物になっても、生体維持に支障がないのだろうか。

その人の精神は、肉体が左右逆になると影響を受けるだろうか。脳細胞の配列がすべて左右逆になることで、それまで見ていた世界の記憶もすべて左右逆になって、文字などすべて記憶と違って見え、非常に苦痛を感じるかも知れない。性格的には、その人はもとと違った点が出てくるだろうか。性格と脳の構成分子の関係を知るのは、とても難しそうだ。

この問題について何かお分かりのかた、いらっしゃいますか。

(c) 2009 ntr ,all rights reserved.
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪ものごころ  | HOME |  同じ≫
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78
執筆陣
HN:
快文書作成ユニット(仮)
自己紹介:
 各々が皆、此の侭座して野に埋もるるには余りに口惜しい、正に不世出の文芸家を自称しております次第。以下、【快文書館】(仮)が誇る精鋭を御紹介します。


 ❁ ntr 〜 またの名を中村震。小説、エッセイ、漢詩などを書きます。mixiでも活動。ふだん高校で数学を教えているため、数学や科学について書くこともあります。試験的にハヤカワ・ポケット・ブックSFのレビューを始めてみました。

 ❖ 呂仁為 Ⅱ 〜 昭和の想い出話や親しみやすい時代物、歴史小説などについて書きます。

 ✿ 流火-rjuka- ~ 主に漢詩の創作、訳詩などを行っています。架空言語による詩も今後作りたいと思っています。

 ☃ ちゅうごくさるなし
主に小説を書きます。気が向けば弟のカヲスな物語や、独り言呟きなことを書くかもしれません。

 ♘ ED-209 〜 PNの由来は映画『ロボコップ』に登場するオムニ社の敵役ロボットからです。今まで書き溜めてあった自身の体験談やコラムを発表するには良い機会と思い寄稿させて頂きました。是非、御読みになってみてください。そして何より皆さんに楽しんで貰えれば嬉しいです。

 ☠ 杏仁ブルマ
セカイノハテから覗くモノ 



 我ら一同、只管に【快文書】を綴るのみ。お気に入りの本の頁をめくる感覚で、ゆるりとお楽しみ頂ければ僥倖に御座居ます。









 ※ 基本的に当ページはリンクフリーです。然し乍ら見易さ追求の為、相互には承っておりません。悪しからず御了承下さい。※







文書館内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]